丹波焼立杭登窯

丹波焼立杭登窯

兵庫県丹波篠山市今田町上立杭にあるのが明治28年に築窯された現存する丹波焼最古の登窯が丹波焼立杭登窯。全長47m兵庫県の有形民俗文化財に指定される登窯で、丹波立杭陶磁器協同組合が中心となり、平成26年度から2年を費やして修復が行なわれ、平成27年秋には修復後の初焼成が行なわれています。

丹波焼の現存する最古の登り窯

山の勾配を利用した全長47mの登窯は、竹を割って伏せたような割竹式。
地元では「蛇窯」と呼ばれ、9袋の焼成室を有しています。
兵庫県の有形民俗文化財に指定されるほか、その築窯技術は、国の記録作成等の措置を講ずべき無形文化財(文化庁)にもなっています。

現在では、春のゴールデンウィークに開催される『丹波焼の里 春ものがたり』の行事の一環として焼成が行なわれ、昼夜を通して見学が可能となります。

近くには丹波伝統工芸公園 立杭陶の郷、兵庫陶芸美術館があります。

丹波焼立杭登窯
名称 丹波焼立杭登窯/たんばやきたちくいのぼりかま
所在地 兵庫県丹波篠山市今田町上立杭3-5
ドライブで 舞鶴若狭自動車道三田西ICから約8.5km
駐車場 なし
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
丹波伝統工芸公園 立杭陶の郷

丹波伝統工芸公園 立杭陶の郷

兵庫県丹波篠山市今田町上立杭にある丹波立杭焼をテーマとする陶芸施設が丹波伝統工芸公園 立杭陶の郷(たちくいすえのさと)。瀬戸焼、常滑焼(とこんめやき)、信楽焼(しがらきやき)、備前焼、越前焼とともに日本六古窯に数えられる丹波立杭焼を購入した

兵庫陶芸美術館

兵庫陶芸美術館

兵庫県丹波篠山市今田町、丹波伝統工芸公園 立杭陶の郷に隣接して建つ、丹波立杭焼を中心とした古陶磁や現代陶芸の美術館。エントランス棟、展示棟、研修棟に分けられ、展示棟では丹波焼や兵庫県内産陶磁器を中心にした「テーマ展」、内外の陶芸作品を紹介す

日本六古窯とは!?

日本六古窯とは!?

施釉陶器(せゆうとうき)の瀬戸焼(愛知県瀬戸市)と釉薬をかけず高温で焼成した焼締陶器(やきしめとうき)の常滑焼(とこなめやき/愛知県常滑市)、越前焼(福井県越前町)、信楽焼(しがらきやき/滋賀県甲賀市)、丹波焼(たんばやき/兵庫県丹波篠山市

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ