火振りかまくら|仙北市

火振りかまくら

2月13日〜2月14日17:00〜21:00、秋田県仙北市角館で『火振りかまくら』が行なわれます。月遅れの小正月行事として行なわれる『火振りかまくら』は、雪の中に華麗な火の輪が踊る幻想的な祭りで、次々とできる火の輪が冬の夜のメルヘンの世界へ誘います。

旧暦の小正月行事で、神聖な火で厄除け!

火振りかまくら
火振りかまくら

祭りは雪でつくったかまどに薪を入れて燃やすことから始まり、高さ5mほどの長木に稲藁などを巻き付けて雪に立てた天筆に火をつけ、正月の門松などを焼き一年の無事を祈ります。
火振りは炭俵に1mほどの縄を付け、かまどからその俵に火を付けて縄の先端を持ち、自分の体の周囲をグルグルと振り回し、神聖な火で田んぼの厄を払うとともに、家族の無病息災・家内安全など、一年の無事を祈願します。
一般の参加も可能。

一見すると危険なようにも思えますが「過去にけが人などは出ていません」とのこと。
「火縄は、ゆっくり長く回すのがコツ。早く回すと燃焼するスピードもアップしてすぐ燃え尽きてしまう」とのことで、慣れるまでは力加減にかなり手を焼きます。

開催場所は、2月13日が市営桜並木駐車場、2月14日は角館町内各所。
2月14日は町内30数ヶ所で行なわれる地元主体のもの。
「一般の方も町内の方にお声を掛けてくだされば参加することができます。13日におこしになれない方でも、14日には色々なイベントはありませんが、昔ながらの地域の火振りかまくらをお楽しみいただけます」とは観光協会の話。
以前は農村部には小正月を楽しむ様々な行事があったとのことですが、今ではこの『火振りかまくら』が400年の歴史を伝える貴重な行事となっています。

2月13日17:00=オープニング、17:30=火振りかまくら開始、18:30頃=お焚上げ(どんど焼)、19:00頃 =天筆焼き・火振りかまくら 、20:00頃=冬花火打ち上げ

火振りかまくら
 

火振りかまくら|仙北市 DATA

火振りかまくら|仙北市
開催日時 2月13日〜2月14日17:00〜21:00
関連HP 仙北市公式ホームページ
所在地 秋田県仙北市角館
場所 市営桜並木駐車場、角館町内各所
電車・バスで JR角館駅から徒歩20分
ドライブで 秋田自動車道大曲ICから約25km
問い合わせ 仙北市観光情報センター「角館駅前蔵」 TEL:0187-54-2700
仙北市観光課 TEL:0187-43-3352
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ