肘折温泉開湯祭|大蔵村

肘折温泉開湯祭

毎年7月14日、山形県大蔵村で『肘折温泉開湯祭』が行なわれます。肘折温泉は、大同2年(807年)7月14日(旧暦)に豊後の国(今の大分県)よりやってきた源翁により発見されたと伝えられ、開湯1200余年の歴史を誇る古湯。『肘折温泉開湯祭』は、湯の神様に感謝し、長い間温泉を守ってきた先人達の偉業を讃えるイベント。

地蔵神輿にお湯をかけよう!

10:10~、湯坐神社(薬師神社)前でご祈祷、餅撒き、地蔵神輿行列などがあります。
地蔵神輿行列では、沿道から地蔵様にお湯をかけることができますが、体の悪い所にかけるとそこが治るとの言い伝えがあります。

肘折温泉開湯祭|大蔵村
開催日時 毎年7月14日
所在地 山形県最上郡大蔵村肘折温泉
場所 肘折温泉(源泉公園、上の湯、薬師神社、いでゆ館)
関連HP 肘折温泉公式ホームページ
電車・バスで JR新庄駅から大蔵村営バスで55分
ドライブで 尾花沢新庄道路舟形ICから約23km
問い合わせ 肘折温泉旅館案内所 TEL:0233-76-2211/FAX:0233-34-6107
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ