福山八幡宮

福山八幡宮

広島県福山市の福山城の北側、小高い丘(松廼尾山)に同型の社殿を持つ2つの神社が並ぶ、珍しいかたちの神社が福山八幡宮。福山藩初代藩主・水野勝成の福山城下町整備の際に、惣堂八幡宮(延広八幡宮)と野上八幡宮を城下に移し、4代藩主・水野勝種が天和3年(1683年)、両社八幡宮とし、昭和44年に福山八幡宮になったもの。

東西にあった八幡宮が並んで鎮座

福山が「穴の海」と呼ばれていた古には後に福山城地となった深津島山に2つの八幡宮が祀られていました。
その後、天文年間(1532年~1555年)に杉原播磨守が新に社殿を造営。
毛利輝元、福島正則などの武将に崇拝を受けましたが元和5年(1619年)、水野勝成が福山城を建設するにあたり、城下南西の野上口、城下南東の延広小路という要衝に2つの宮を移しました。

さらに天和3年(1683年)に4代藩主・水野勝種が上田玄蕃下屋敷のあった吉津川北岸に2つの宮を合わせて移しました。
以来、2つの宮を合わせ持つ「両社八幡宮」として福山の人々の信仰を集めています。

本殿、幣殿、拝殿、随神門、鳥居、惣門などが東西に同一規模、同一形式にて並び建てられ、両社の間には福山藩初代藩主・水野勝成を祀る聡敏神社(そうびんじんじゃ)が鎮座しています。
以前の鎮座地から「西御宮」は野上八幡宮、「東御宮」は延広八幡宮と呼ばれています。

名称 福山八幡宮/ふくやまはちまんぐう
所在地 広島県福山市北吉津町1-2-16
関連HP 福山八幡宮公式ホームページ
電車・バスで JR福山駅から徒歩10分、またはタクシーで3分
ドライブで 山陽自動車道福山東ICから約4.5km、福山SAスマートICから約5km
駐車場 70台/無料
問い合わせ 福山八幡宮社務所 TEL:084-924-0206
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
福山八幡宮・聡敏神社

福山八幡宮・聡敏神社

広島県福山市に鎮座する福山藩主・水野家ゆかりの神社が福山八幡宮。境内左奥に位置する聡敏神社(そうびんびんじゃ)は、初代の福山藩主である水野勝成(みずのかつなり)を祀った境内社。2代藩主・水野勝俊が福山城内に建立、その後、享保年間(1716年

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ