松浦武四郎像(鏡沼海浜公園)

松浦武四郎像(鏡沼海浜公園)

北海道天塩町、天塩川河口近くの天塩町鏡沼海浜公園に立つ松浦武四郎像。幕末の探検家・松浦武四郎は、28歳から6度にわたり、蝦夷地(えぞち=現・北海道)を調査。天塩川は、「此川すじの事は中々尽すべきにあらざれば他日可認しと残し置きたり」(『廻浦日誌』)とあり、5回目でようやく天塩川探索を試みています。

松浦武四郎の天塩川調査の出発点

松浦武四郎像(鏡沼海浜公園)

石狩川に次いで北海道で2番目に長い天塩川。
その河口は、安政4年(1857年)に行なわれた松浦武四郎の天塩川流域調査の出発地ともなっています。
当時の天塩川の河口は長大な砂嘴が伸びる天然の良港でした。
松浦武四郎の天塩川探査に要した日数は、往復で24日間。
6月6日にテシホ(現・天塩)の運上屋を出発、上流のトナイタイペ(東内大部/士別市上士別町27線)に到達しています。
道らしい道がなかったため二人乗りの丸太舟を活用しています。
松浦武四郎がアイヌの長老(エカシ)のアエトモにとの話の中で北海道という名のルーツとなる「北加伊道」を創案したというのが現在の音威子府村物満内で、「北海道命名の地」碑も立っています。

鏡沼海浜公園に立つ松浦武四郎像の横には「蝦夷人の みそぎなしたる 天塩川今宵ぞ夏の とまりをばしる」「ながむれば 渚ましろに 成にけりてしほの浜の 雪の夕暮れ」(ともに『天塩日誌』記載)という松浦武四郎の歌碑も立っています。

名称 松浦武四郎像(鏡沼海浜公園)/まつうらたけしろうぞう(かがみぬまかいひんこうえん)
所在地 北海道天塩郡天塩町更岸7476
関連HP 天塩町公式ホームページ
ドライブで 稚内空港から約73km
駐車場 100台/無料
問い合わせ 鏡沼海浜公園管理室 TEL:01632-2-1830(5月〜10月)
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
天塩町鏡沼海浜公園

天塩町鏡沼海浜公園

北海道天塩町、北海道第二の大河である天塩川の河口、すぐ南に位置するのが鏡沼。西側が天塩港、東側には天塩市街地が迫りますが、周辺には貴重な自然が残され天塩町鏡沼海浜公園として整備されています。沼の畔には、オートキャンプサイト、バンガロー、オー

北海道命名の地

宗谷本線の筬島駅(おさしまえき)の西で天塩川(てしおがわ)は昔ながらに大きくカーブします。そのカーブの突端に立てられたのが、「北海道命名の地」碑。国道40号に松浦武四郎北海道命名の地という看板が立ち、そこからダートの道を走ると駐車場がありま

天塩川歴史資料館

天塩川歴史資料館

北海道天塩町、天塩川の河口、天塩市街の中心地にあるミュージアムが天塩川歴史資料館。赤レンガの重厚な建物は昭和26年築の旧天塩町役場を再生。使われたレンガは野幌で焼かれた「野幌れんが」。展示の中心は天塩川河口の川口遺跡の出土品や、天塩川の舟運

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ