摩周湖

摩周湖

北海道川上郡弟子屈町(てしかがちょう)、清里町にある摩周カルデラのカルデラ湖が摩周湖。『霧の摩周湖』(昭和41年、作詞:水島哲、作曲:平尾昌晃、歌:布施明)のヒットにもあるように、霧に包まれることが多いので、「晴れた摩周湖を見ると晩婚」などという伝承も。日本一の透明度を誇り、北海道遺産にもなっています。

アイヌが「神の湖」と讃えた神秘の湖

摩周湖

平成3年の環境省「自然環境保全基礎調査」(湖沼調査)のデータでも、摩周湖の透明度は28.0mと国内第1位(2位は倶多楽湖の22.0m)。
世界的にもバイカル湖に次ぐ透明度だとされています。

透明度の高さは、流入河川のないカルデラ湖で、周囲の外輪山の自然が守られていること。
またエゾシカも転落するという険しい内壁のため、湖面に触れることができないという環境が、透明度を守っているのです。

東西26km、南北20kmの日本最大の屈斜路カルデラの誕生(40万年〜4万年前)後、カルデラ内での7000年前の大噴火で摩周カルデラが誕生したもの。
つまりカルデラ(屈斜路)内のカルデラ(摩周)という二重カルデラ構造になっています。

摩周湖は、アイヌは、カムイトー(kamuy-to=神の湖)と呼び、外輪山最高峰の摩周岳は、カムイヌプリ(kamuy-nupuri=神の山)、浮かぶ島のカムイシュ島は、カムイシュ(kamuy-shu=神の岩)と、すべて神の住処(すみか)という神秘的なイメージになっています。
摩周という湖名は、アイヌ語のマシウント(mas-un-to=カモメ・そこにいる・沼)に由来とも推測できますが、摩周湖周辺のアイヌはカモメをカピウ(kapiw)と呼ぶこと(masと呼ぶのは北海道北部と西部のみ)、さらに摩周湖でカモメを見ることはないので、不思議な事例としかいえないのです。

摩周湖の展望台は3ヶ所+摩周大観望

展望台は、車道の通じている表摩周側(弟子屈町側)の摩周第一展望台、摩周第三展望台、裏摩周側(清里町側)の裏摩周展望台の3ヶ所。
摩周第一展望台はツアー客(大型バス)も多い、もっともポピュラーな展望台ですが、観光シーズンの「摩周湖の霧」は、太平洋の湿った空気が釧路湿原で温められ、摩周カルデラにぶつかった上昇気流で生じるものなので、釧路湿原に近い摩周第一展望台は、もっとも霧に覆われる確立が高い展望台です(冬季は摩周第一展望台への道のみ除雪)。

カムイシュ島を眼下に、正面に摩周岳(カムイヌプリ)を目にするのが摩周第三展望台で、こちらはまず大型バスのツアー客はやってこないので、個人客にはおすすめの展望台です。
湖面にせり出すように展望台が設けられているので撮影ポイントにも絶好。
駐車場からは屈斜路湖、硫黄山、遠く阿寒の山並みを眺望し、二重カルデラであることがよくわかります。
神秘的な摩周湖を体験したいなら、周辺に宿を取り、早朝か日没時に訪れるのがおすすめです(鹿の飛び出しなど運転には注意が必要、また夏でも車のヒーターを入れるほど冷え込むので防寒具をお忘れなく)。

裏摩周展望台は、標高が低く、オホーツク海側なので、もっとも湖面の見える確立が高い展望台です。
太平洋高気圧に本州が覆われるような日に、摩周第三展望台が霧に包まれていたら、裏摩周に足を伸ばす手もあるかもしれません。

摩周第三展望台と裏摩周展望台の間に、川湯パーク牧場の「摩周湖ホーストレッキング」でしか到達できない摩周大観望があります(登山道を馬で上りますが、環境省などから馬でのみ登山が許可されています)。
ちなみに、この摩周大観望という呼び名は、本サイトを運営するプレスマンユニオン関係者の命名。

摩周湖
カムイシュ島(摩周第三展望台から望遠で撮影)
名称 摩周湖/ましゅうこ
所在地 北海道川上郡弟子屈町・清里町
関連HP 摩周湖観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR摩周駅前から阿寒バス女満別空港方面行きで、摩周第一展望台下車、または、摩周第三展望台下車
ドライブで 根室中標津空港から約60kmで摩周第一展望台、約63kmで摩周第三展望台
駐車場 摩周第一展望台駐車場(140台/4月上旬~11月上旬の8:00~17:00は有料(硫黄山駐車場との共通券)、その他の期間は無料)・摩周第三展望台(14台/無料)
問い合わせ 摩周湖観光協会 TEL:015-482-2200
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

摩周第三展望台

摩周湖西岸、摩周岳に対峙する表摩周側の展望台のうち、第一展望台より北に位置し、標高が高いのが第三展望台。レストハウスもなく、大型バスの駐車場もないために、比較的静かに摩周湖を眺めることができます。摩周湖に浮かぶ唯一の島、カムイシュ(神となっ

摩周第一展望台

摩周湖にある展望台のうちで、レストハウスもあり、もっとも人出が多い展望台。摩周湖を取り囲む外輪山カルデラ壁の上に位置し、湖面までの標高差は300m。眼下にコバルトブルーの湖面が広がります。対岸にはアイヌの人々が、カムイヌプリ(神の山)と呼ん

摩周湖にある3つの展望台を徹底比較

摩周外輪山には、表摩周と呼ばれる弟子屈町(てしかがちょう)側に摩周第一展望台、摩周第二展望台が、裏摩周と呼ばれる清里町側に裏摩周展望台があります。3つの展望台を個人旅行の立場から、摩周湖に精通する取材記者が徹底比較。摩周第一展望台[gall

もっとも摩周湖の湖面が見えやすい! 裏摩周展望台

『霧の摩周湖』で有名な摩周湖ですが、カルデラ湖でもある摩周湖を眺める展望台は4ヶ所。 そのうち3ヶ所が「表摩周」、残りの1ヶ所が「裏摩周」と呼ばれています。今回は、ちょっぴり穴場で秘境的なムードも漂う裏摩周展望台を紹介します。摩周湖の展望台

摩周湖・紅葉

紅葉絶景ドライブ(2)摩周湖/道道52号屈斜路摩周湖畔線

屈斜路湖の湖畔と摩周第三展望台、摩周第一展望台を結ぶのが北海道道52号屈斜路摩周湖畔線。摩周湖の湖畔では「クッシー街道」の愛称も付いています。屈斜路湖畔、摩周湖の湖畔とも車窓からは湖はほとんど見えませんが、紅葉は抜群の見事さ。紅葉の見頃は例

裏摩周展望台

摩周湖を裏側から眺める、オホーツク海・清里町側にある展望台。弟子屈町(てしかがちょう)側の摩周第1・第3展望台は、通称が「表摩周」。対岸の清里町側は、地の利が少し悪いため、訪れる人も少なくひっそりと静まり返っていますが、左に摩周岳を望み、眺

日本の湖 深さランキングTOP10

日本の湖 深さランキングTOP10

意外に知られていませんが、日本は深い湖がたくさんある、「深い湖大国」、どうして深い湖が多いかといえば、理由は簡単、火山国だから。日本の湖で、深さランキングTOP10のなかで、8湖がなんとカルデラ湖(火山の爆発による陥没で生じた湖)、残りの2

日本の湖 透明度 BEST10

日本の湖 透明度 BEST10

日本の湖の透明度は、有名な摩周湖が不動の1位。平成3年度に環境庁自然保護局が行なった第4回湖沼調査の透明度ランキングを紹介すると、BEST10は、いずれも東日本(長野以東)で、しかもすべての湖がカルデラ湖か堰止湖となっています。10ヶ所のう

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ