杉山集落(杉山の土蔵群)

杉山集落(杉山の土蔵群)

福島県喜多方市の郊外、戸数十数戸の小集落が杉山集落。耶麻郡入田付村だった昔は、木炭と菅(スゲ=菅笠の原料)の産地だったため、見事なまでの農家蔵群(杉山の土蔵群)が残されています。「蔵のまち喜多方」には4000を越える蔵が残されていますが、実は被写体に絶好なのが、この杉山集落(杉山の土蔵群)です。

小さな集落に豪華な蔵座敷が建ち並ぶ!

三津谷が地元の登り窯で焼成した煉瓦蔵であるのに対し、こちらは白壁。
顔料を混ぜない白漆喰(しろしっくい)が美しい貯蔵蔵や、冠婚葬祭や賓客を迎える蔵座敷が建ち並んでいます。
しかも蔵座敷の内部は漆で塗り飾られているのですが、残念ながら非公開になっています。

蔵には土屋根の上に茅葺き屋根を乗せた「二重屋根」(兜屋根)が多いのも特徴。

漆喰には、防火(不燃性)というだけでなく、湿度を調節し、臭いを消し、微生物の繁殖を抑制するなどの効果があり、農家の蔵にも最適だったのです。
杉山集落は、明治時代に稲作から収入の高い菅(スゲ)に転作し、菅笠など菅製品の加工・販売によって財を成し、競うように蔵を建てたのです。

生活空間なので、マナーを守って見学を。

杉山集落(杉山の土蔵群)
名称 杉山集落(杉山の土蔵群)/すぎやましゅうらく(すぎやまのどぞうぐん)
所在地 福島県喜多方市岩月町入田付上中
関連HP 喜多方観光物産協会公式ホームページ
ドライブで 磐越自動車道会津若松ICから約22km
駐車場 なし
問い合わせ 喜多方観光物産協会 TEL:0241-24-5200/FAX:0241-24-5284
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
三津谷集落の煉瓦蔵群(若菜家)

三津谷集落の煉瓦蔵群(若菜家)

福島県喜多方市の郊外にある三津谷(みつや)の三津谷集落の煉瓦蔵群(若菜家)。4棟の煉瓦蔵(れんがぐら)を所有するのが若菜家で、アーチ型の窓や入口などがデザイン的にユニーク。本来は鉱山のトンネル、鉄道の橋脚用に焼かれた煉瓦ですが、それを住宅や

喜多方蔵の里

喜多方蔵の里

「蔵のまち喜多方」として知られる福島県喜多方市には、町中に数多くの蔵が残っている。粗壁、白亜、黒漆喰などの古めかしい蔵が、およそ4200棟あるといわれ、その大半が現役。蔵造りの文化を後世に伝えることを目的に設置された施設が喜多方蔵の里で、店

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ