長床の大イチョウ(新宮熊野神社)

長床の大イチョウ(新宮熊野神社)

天喜3年(1055年)、源頼義の勧請と伝えられる古社が福島県喜多方市の新宮熊野神社。寝殿造りの主殿の形式(藤原時代の貴族の住宅建築)を色濃く残した長床(ながとこ/国の重要文化財)で知られる社ですが、境内には樹齢800年という大イチョウがあり、例年11月中旬~下旬の見頃の時期にライトアップも行なわれています。

紅葉時期にはライトアップも実施

長床の大イチョウ(新宮熊野神社)
長床の大イチョウ(新宮熊野神社)

樹齢は600年とも800年と推測される大イチョウですが、何のために植栽されたのかは謎です。
もし800年とすれば、佐原義連の孫・新宮時連が新宮城を神社近くに築いたのが建暦2年(1212年)なので、何らかの関連があるのかもしれません。

長床前にある大イチョウは、高さ30m、根元周り8.1mという巨木です。

長床の大イチョウ(新宮熊野神社)

長床の大イチョウ(新宮熊野神社) DATA

名称 長床の大イチョウ(新宮熊野神社)/ながとこのおおいちょう(しんぐうくまのじんじゃ)
所在地 福島県喜多方市慶徳町新宮熊野2258
関連HP 喜多方観光物産協会公式ホームページ
電車・バスで JR喜多方駅からタクシーで15分
ドライブで 磐越自動車道会津坂下ICから約14km
駐車場 50台/無料
問い合わせ 新宮地区重要文化財保存会TEL:0241-23-0775/FAX:0241-23-0775
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

新宮熊野神社

2018.08.18

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ