取材班が選んだ珍地名(2)浮気町&珍小島

取材班の選んだ珍地名の第2弾は、ちょっとエッチな珍地名の第1弾に続く続編。

珍地名(3)浮気町

浮気町/滋賀県守山市浮気町
浮気と書いて「ふけ」。中世には北条氏の出である浮気氏の本拠地だったことが地名の由来で、浮気城、浮気自治会、守山浮気郵便局もあります。浮気性の守山さんならぜひ訪れたい場所ですね。明治13年の『滋賀県物産誌』によると、栗太郡浮気村の戸数は38戸、人口は169人で、全戸が農家。湧水が多い土地で、水蒸気が浮くことが蒸け(ふけ)となり、浮気(ふけ)に転じたのです。
近江の城50選にも選定の浮気城は、六角氏に仕えた浮気氏の居城。浮気階常は後醍醐天皇に仕え、藤丸五葉二花の紋を賜わっています。住吉神社境内には幅2m、高さ1.5mの土塁と壕が残され、浮気町内には、浮気城跡の土塁と堀が円周状に残っています。
 

浮気城跡
浮気城跡
 

珍地名(4)珍小島

珍小島/北海道虻田郡洞爺湖町
洞爺湖に浮かぶ陸繋島。テレビ朝日『ナニコレ珍百景』でもナンジャコレ珍百景のコーナーで紹介されています。珍小島公園は洞爺湖有珠山ジオパークのジオサイト・洞爺湖温泉街を眺めるスポットにもなっています。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ