第8回上総いちはら国府祭り

第8回上総いちはら国府祭り

律令時代に上総国(かすざのくに=千葉県の中央部)の国府があったのは、千葉県市川市の国府台とされ、市川市には聖武天皇の詔(みことのり)で建てられたという国分寺、国分尼寺の跡も判明しています。そんな市原市の歴史を背景に、繰り広げられるのが2018年9月29日(土)~30日(日)の『第8回上総いちはら国府祭り』です。

『更級日記』は市原市でスタートというわけで、『時代絵巻行列』にも注目!

市原の歴史と文化をモチーフにした『時代絵巻行列』や『山鉾・山車の巡行』、市原市内の町会など多くの団体が参加する伝統の『練り踊り』、市を4つの地域に分けて競い合う『第6回いちはら大綱引』、市内外から実力派チームが集い演舞を披露する『ちばYOSAKOI2018』、『ハロウィン仮装パレード』などが行なわれます。

9月29日(土)17:00〜の『第6回いちはら大綱引』は。東西南北各地区の代表250名、合計1000人の市原市民が参加し、全長160mの大綱を引きあう競技。
とくに歴史的な背景はありませんが、関東武士の団結力を今に伝える競技とのこと。

平安時代に記された『更級日記』の作者・菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)の父、菅原孝標(すがわらのたかすえ)は上総国・常陸国の国府に赴任した受領(ずりょう=国司四等官のうち、行政の責任者)。
『更級日記』は家族で上総国に滞在中から始まっており、『時代絵巻行列』では、そんな菅原孝標女に扮した行列も。

『山鉾・山車の巡行』では、東日本最大級の高さ10mの山鉾と、上総国分寺七重塔を模した万燈山車の巡行があり、華やかです。

またメイン会場でステージイベントが行なわれる上総更級公園では、約100店舗のご当地グルメが集う「いちはら国府市」も開催されます。

期間中には市原市役所、防災センターに各500台の臨時駐車場が用意され、五井駅〜会場(上総更級公園・上総大路)〜臨時駐車場の間にシャトルバスを運行予定。
 

第8回上総いちはら国府祭り DATA

第8回上総いちはら国府祭り
開催日 2018年9月29日(土)~30日(日)
関連HP 第8回上総いちはら国府祭り公式ホームページ
所在地 千葉県市原市
場所 上総更級公園、アリオ市原内サンシャインコート、上総大路、夢ホール
電車・バスで JR・小湊鐵道五井駅から徒歩10分
ドライブで 館山自動車道市原ICから約3km
駐車場 臨時駐車場は市役所駐車場(500台)、防災センター(500台)、臨時駐車場から祭り会場までは無料シャトルバス運行
問い合わせ 上総いちはら国府祭り実行委員会事務局 TEL:0436-23-9755(当日はTEL:0436-23-9691)
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ