山代温泉総湯

山代温泉総湯

石川県加賀市の山代温泉にある共同湯が、総湯。江戸時代の山代温泉は、湯の曲輪(ゆのがわ)と呼ばれる総湯(共同湯)を中心に宿が立ち並び、温泉街を構成していますが、その湯の曲輪の再生で、かつての総湯を明治の湯浴みを復元した古総湯、そして旧吉野屋旅館の敷地に新たに造られたのが新しい総湯です。

温泉は、加水なしの源泉かけ流し!

山代温泉総湯

新しい総湯の自慢は、熱交換を利用して、加水なしの源泉かけ流しが楽しめること。
泉質も、古総湯がナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉であるのに対し、こちらはナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉と単純温泉の混合泉です。

古総湯は、明治時代の湯浴みを再現したテーマパーク的な温泉施設のため、身体を洗うことができません。
「誰もが快適に利用できる総湯」がコンセプトに、温度の違う2種類の浴槽が用意され、身体を洗うこともできるのが総湯です。
しかも天井部分は、吹き抜けで、青空や星空を見ながら温泉につかることができます。
門の部分は、かつての吉野屋旅館の門をそのまま活かしています。

内装も、古総湯に負けず劣らずで、九谷焼作家の手描きの九谷焼タイルと檜をふんだんに使っています。

総湯横の売店では、かつての総湯浴殿でも名物だった温泉玉子も販売。
源泉に8時間浸けた山代の温泉玉子は一味違うと評判で、常温で日持ちすることもあり、山代みやげとして親しまれています。
新しい名物としては、温泉玉子ソフトクリームも用意。

山代温泉総湯
名称 山代温泉総湯/やましろおんせんそうゆ
所在地 石川県加賀市山代温泉18-128
関連HP 山代温泉公式ホームページ
電車・バスで JR加賀温泉駅から加賀温泉バス山中温泉行きで13分、山代温泉下車、徒歩5分
ドライブで 北陸自動車道加賀ICから約8km
駐車場 あけぼの広場駐車場、総湯・いろは草庵駐車場
問い合わせ 山代温泉総湯 TEL:0761-76-0144
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
山代温泉古総湯

山代温泉古総湯

石川県加賀市の山代温泉には、湯の曲輪(ゆのがわ)の再生で、以前の総湯(共同湯)を再生し明治時代の総湯を復元した古総湯と、新しい総湯というふたつの総湯が誕生。そのうち古総湯は、明治時代の総湯を復元したレトロな雰囲気が自慢。2階の休憩所や、浴室

魯山人寓居跡 いろは草庵

魯山人寓居跡 いろは草庵

石川県加賀市山代温泉にある北大路魯山人(きたおおじろさんじん/当時は福田大観)ゆかりの寓居(ぐうきょ=仮の住まい)の跡が魯山人寓居跡 いろは草庵。大正4年、金沢に住む細野燕台の紹介で山代温泉を訪れた北大路魯山人は、旅館吉野屋の別邸を仕事場と

薬王院温泉寺

薬王院温泉寺

石川県加賀市の山代温泉にある温泉守護の寺が、薬王院温泉寺。山代温泉は奈良時代、行基開湯という歴史を誇る古湯。行基が温泉守護のため、薬師如来などを彫り、堂宇を建てたのが温泉寺の創建で、平安時代の中期に明覚(みょうがく)が七堂迦藍を建立し、その

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ