金沢東照宮 尾﨑神社

金沢東照宮 尾﨑神社

石川県金沢市にある東照大権現(徳川家康)、天照大神(あまてらすおおかみ)、加賀藩第2代藩主・前田利常(まえだ としつね)を祀る神社が金沢東照宮 尾﨑神社。3代藩主・前田光高(まえだみつたか)が寛永20年(1643年)に、徳川家康を祀る東照宮として金沢城北の丸に創建。

日光東照宮を模した社殿は国の重要文化財

寛永17年(1640年)、幕府から東照大権現の勧請を許され、金沢城北の丸に造営されたのが、「御宮」(東照三所大権現社)。
別当(管理する寺)として神護寺も置かれています。
3代藩主・前田光高の正室は第3代将軍・徳川家光の養女で水戸藩主・徳川頼房の娘・大姫。
光高の光は、家光の偏諱を授かったもので、加賀藩の徳川家への接近ぶりがよくわかります。

明治6年の神仏分離により、仏像・仏具を取り払って尾﨑神社と改称し(本地堂が現在の長田菅原神社の拝殿として移され)、明治9年に金沢城が陸軍省用地となったため、現在の場所に遷座しています。
その際、軍から渡された移転料が600円しかなかったため、費用が不足し、付属した貴重な建物を破却しているため、正確には往時の姿ではありません。

寛永20年(1643年)建立という創建時の本殿(内陣に厨子を安置)、幣殿、拝殿、本殿を取り囲む透塀、中門(幣殿と本殿の間に建つ平唐門)が現存し、国の重要文化財になっています。
これらの建物は、金沢城の現存する遺構としては最古の建造物で、実に貴重。

金沢東照宮 尾﨑神社
名称 金沢東照宮 尾﨑神社/かなざわとうしょうぐう おざきじんじゃ
所在地 石川県金沢市丸の内5-5
関連HP 金沢市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR金沢駅から北陸鉄道バス香林坊方面行きで8分、南町下車、徒歩5分
ドライブで 北陸自動車道金沢西ICから約5km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 金沢東照宮 尾﨑神社 TEL:076-231-0127
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
金沢城

金沢城

加賀百万石のシンボル、金沢城は、加賀藩主・前田家の居城。天正11年(1583年)、前田利家により本格的な築城が開始されました。天明8年(1788年)築の石川門、安政5年(1858年)に再建された三十間長屋は、そして鶴丸倉庫は国の重要文化財。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ