瀧の白糸像

瀧の白糸像

石川県金沢市並木町、浅野川の河畔にある泉鏡花(いずみきょうか)の出世作『義血侠血』』(ぎけつきょうけつ)のヒロイン、瀧の白糸をかたどった像が瀧の白糸像。明治27年に発表された泉鏡花の『義血侠血』は、のちに『瀧の白糸』の名目で上演され、新派の代表的狂言のひとつとなり、その後映画化、オペラ化もされています。

浅野川畔「鏡花の道」に立つ瀧の白糸の像

瀧の白糸像

泉鏡花は、明治6年、金沢市下新町(現在の尾張町)に生まれ、金沢を舞台とした作品を数多く残していますが、『義血侠血』もそのひとつ。
水芸(本物の水を用いて行う曲芸)の名手・瀧の白糸と、士族の出ながら父を失い、学業半ばで乗合馬車の御者となった村越欣弥(むらこしきんや)は、越中(現・富山県)・高岡で出会い、金沢・浅野川に架る天神橋で再会、互いに想いを重ねるのです。
つまり、天神橋は『義血侠血』の重要な舞台になっています。
そのため、天神橋〜梅ノ橋の間、梅ノ橋近くに瀧の白糸像が立てられているのです。

泉鏡花が好んで散策をした浅野川の畔は「鏡花の道」(天神橋〜梅ノ橋〜浅野川大橋~中の橋)として親しまれ、主人公の瀧の白糸の像や碑が立てられています。

瀧の白糸像は、瀧の白糸が水芸太夫であったことから、像の扇子から水が出る仕組み。
像のモデルは、ひがし茶屋街で昭和23年にお座敷デビュー、昭和36年に常磐津(ときわづ)の名取となった名妓・美ち奴です。

説明版には「河は長く流れて向山の松風静に渡る処、天神橋の欄干に凭(もた)れて」と『義血侠血』の一節が記されています。

平成26年2月に新国立劇場で、新作オペラ『滝の白糸』東京公演が行なわれ、近年はオペラファンの来訪も増えています。

瀧の白糸像
名称 瀧の白糸像/たきのしらいとぞう
所在地 石川県金沢市橋場町
電車・バスで JR金沢駅から周遊バスで10分、橋場町下車、徒歩5分
ドライブで 北陸自動車道金沢東ICから約4.6km
駐車場 東山河畔観光駐車場(14台)・東山観光駐車場(15台)/有料
問い合わせ 泉鏡花記念館 TEL:076-222-1025/FAX:076-222-1040
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

梅ノ橋

浅野川大橋の上流側に架かる木造風の歩行者専用橋が梅ノ橋。明治43年に架けられたのが初代の橋です。「廓の客の一人が言いだしてかけた、廓へのかよい橋である」と作家の井上雪が『廓のおんな』に書いているとおり、ひがし茶屋街へと歩くには最適な橋になっ

泉鏡花記念館

明治の中頃から、大正、昭和にかけて300編あまりの作品を発表し、徳田秋聲、室生犀星と並んで「金沢三大文豪」にも数えられる泉鏡花の足跡を紹介するのが泉鏡花記念館。泉鏡花記念館は鏡花の生家跡(金沢下新町23番地)に建てられ、作品紹介にとどまらず

久保市乙剣宮

久保市乙剣宮

石川県金沢市下新町、商家が並ぶ尾張町に鎮座する古社が久保市乙剣宮(くぼいちおとつるぎぐう)。江戸時代には卯辰山の真言宗金剛寺と神仏習合でしたが、明治初年の神仏分離で、卯辰山(うたつやま)から現在の地に遷座したもの。祭神は素戔嗚命(すさのおの

鏡花のみち

鏡花のみち

古都・金沢の三大文豪(泉鏡花、徳田秋聲、室生犀星)のひとり、泉鏡花を偲ぶ浅野川の西岸沿いに設けられた散歩道が鏡花のみち。明治6年11月4日、金沢市下新町(現・尾張町)に生まれ、養成小学校(現・金沢市立馬場小学校)に通った泉鏡花は、久保市乙剣

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ