神引展望台

神引展望台

東京都新島村式根島、島の西岸、カンビキ浦の南に位置し、標高98.8mの神引山(かんびきやま)にある展望台が神引展望台。新東京百景に選ばれた展望は、伊豆七島屈指の絶景。式根島の特徴であるリアス式の海岸を眼前に、伊豆大島、神津島、三宅島などを一望に、快晴なら、遠く富士山まで見渡すことも可能です。

式根島にある伊豆七島屈指の展望台

神引展望台
左におにぎり型の利島(としま)、その右に新島(にいじま)が続きます

江戸時代後期に『大日本沿海輿地全図』(だいにほんえんかいよちぜんず)を完成させた、伊能忠敬(いのうただたか)の測量地点でもあり、頂上まで100段の階段を上れば、伊能忠敬の測量地となった場所に置かれた三角点があります。

野伏港から歩けば40分ほど必要ですが、入口の駐車場までレンタカー、レンタバイク、レンタサイクルを利用すれば、徒歩5分で神引展望台。
1万年前に噴火した式根島火山の溶岩台地と、リアス式海岸が生み出した絶景です。
リアス式海岸の半島部分は、溶岩流出で生まれたシワの部分で、内陸まで丘陵となって続いています。

神引展望台から北東の大浦海岸側へ、1.2km(所要40分)の遊歩道も整備。
また、大浦海岸〜神引展望台〜唐人津城(とうじんづしろ)〜御釜湾第一展望台〜御釜湾第二展望台〜御釜湾第三展望台〜浜津城(はまんづしろ)と歩く2時間40分ほどのロングコースも用意されています(展望トレッキングコース=休憩時間などを入れて4時間〜5時間必要)。

神引展望台は、新東京百景(昭和57年、東京都が選定)にも選ばれています(新島村では新島の羽伏浦海岸も選定、東京都島嶼部では合計11ヶ所)。

神引展望台
神引展望台
名称 神引展望台/かんびきてんぼうだい
所在地 東京都新島村式根島
関連HP 式根島観光協会公式ホームページ
電車・バスで 野伏港から徒歩40分(野伏港へは新島港から新島村営船で10分)
ドライブで 式根島港から約2.2kmで神引展望台入口。入口から徒歩5分
駐車場 5台/無料
問い合わせ 式根島観光協会 TEL:04992-7-0170/FAX:04992-7-0448
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
羽伏浦展望台

羽伏浦展望台

東京都新島村(にいじまむら)、新島東岸、新島の中央部に南北6.5kmに渡って続く白砂のロングビーチが羽伏浦(羽伏浦海岸)。その美しい海岸線を北側から一望にするのが羽伏浦展望台。羽伏浦漁港に向う新島本道沿いに展望台、展望塔が設置されています。

ぐんじ山展望台

ぐんじ山展望台

東京都新島村、式根島の東部、北に新島、南に三宅島や御蔵島(みくらじま)を眺める展望地が、ぐんじ山展望台。式根島の島民がこの眺望を見出し、ボランティアによって整備された場所。野伏港から徒歩で30分ほどかかりますが、レンタサイクルなどの島を

足地山展望台

足地山展望台

東京都新島村、式根島の足付温泉と地鉈温泉の間を隔てた岩山が足地山(66.8m)。そのてっぺんに築かれた展望台が足地山展望台です。足付の足、地鉈の地を1字づつとった地名で、足付温泉と地鉈温泉を結ぶ歩道途中からも南へ展望台へと登る道があります。

中の浦海水浴場

中の浦海水浴場

東京都新島村、式根島西岸、リアス式海岸の美しい入江を利用したビーチが中の浦海水浴場。神引展望台下のカンビキ浦(神引湾)と北の大浦海水浴場に挟まれた、まさに中の浦で、入江の奥にもサンゴが生育し、透明度大の美しいビーチです。湾内にサンゴも生育す

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ