摩利支天 徳大寺

摩利支天 徳大寺

東京都台東区、アメヤ横丁(アメ横)にある日蓮宗の寺が摩利支天徳大寺(まりしてんとくだいじ)。開運摩利支天を祀ることから下谷摩利支天とも呼ばれ、日本三大摩利支天のひとつにも数えられる名刹です。関東大震災、戦災からも焼失を免れた摩利支天像は、開運厄除けのご利益が大と信仰されています。

下谷摩利支天と呼ばれ、江戸庶民も尊崇

寺伝によれば、寛永年間( 1624年〜1645年)、慈光院(じこういん)の日遣上人によって創建されたとされ、奉安する摩利支天像は、京で霊夢感得された聖徳太子自刻と伝わる像。
宝永5年(1708年)に徳大寺に安置されています。

戦国時代に、武神として信仰され、鎧(よろい)や兜(かぶと)に摩利支天像を潜ませる武将も多かったのですが、江戸時代中期以降、江戸庶民にも信仰が広がり、下谷摩利支天として尊崇されたのです。
摩利支天像の安置から、庶民の尊崇を集め、門前に摩利支天横丁が形成されています。

現存する本堂は、昭和39年11月の再建。
中央に大摩利支尊天、左に日蓮聖人、右には鬼子母神(きしもじん)が祀られています。
本堂正面の扁額「威光殿」の吉田茂・元総理大臣の揮毫(きごう)。

猪(いのしし)が摩利支天の眷属(けんぞく=従者)であることから、12日ごとににやってくる亥の日(いのひ)が摩利支天の縁日で、開運吉祥の開帳祈祷が執り行なわれています。

ちなみに、日本三大摩利支天は、徳大寺のほか、京都・建仁寺塔頭の禅居庵、石川県金沢市の宝泉寺です。

摩利支天 徳大寺
名称 摩利支天 徳大寺/まりしてん とくだいじ
所在地 東京都台東区上野4-6-2
関連HP 摩利支天 徳大寺公式ホームページ
電車・バスで JR御徒町・東京メトロ銀座線上野広小路駅・都営大江戸線上野御徒町駅から徒歩2分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 摩利支天 徳大寺 TEL:03-3831-7926/FAX:03-5818-1058
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
禅居庵

禅居庵

京都府京都市東山区にある臨済宗建仁寺派大本山・建仁寺(けんにんじ)の塔頭(たっちゅう)、禅居庵(ぜんきょあん)。本尊は聖観音菩薩ですがが、秘仏の摩利支天(まりしてん=仏教の守護神)を祀り、日本三大摩利支天の寺として有名です。摩利支天堂は、信

宝泉寺

宝泉寺

石川県金沢市、金沢市街の東に位置する卯辰山(うたつやま)の中腹にあり、金沢の鬼門を封じるために開山された摩利支天を祀る寺が摩利支天山宝泉寺。建仁寺塔頭・禅居庵摩利支尊天堂、東京・上野アメ横の摩利支天徳大寺とともに日本三大摩利支天にも数えられ

日本三大摩利支天とは!?

日本三大摩利支天とは!?

仏教の守護神で、陽炎(かげろう)が神格化したもの。中世以降は武士に信仰され、猪を眷属(けんぞく)に従える摩利支天像に必勝祈願することも。日本三大摩利支天は、東京・アメ横の摩利支天徳大寺、金沢市の宝泉寺、そして京都・建仁寺塔頭(たっちゅう)の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ