日光東照宮・石鳥居(一の鳥居)

日光東照宮・石鳥居(一の鳥居)

日光東照宮参道途中、五重塔近くにあるのが石鳥居(一の鳥居)。日光東照宮創建(徳川家康日光改葬)の翌年、元和4年4月17日(1618年6月9日)の造営の明神鳥居。高さ9.2m、柱間6.7m、柱の直径(太さ)3.6mの石鳥居で、花崗岩製。筑前国福岡藩初代藩主・黒田長政(黒田官兵衛の子)の奉納で国の重要文化財。

筑前国の可也山から花崗岩を運ぶ

徳川家康薨去の翌年となる元和3年9月、黒田長政(関ヶ原合戦で東軍に与して福岡藩初代藩主に)は国持大名(くにもちだいみょう)に取り立ててくれた家康の恩に報いるため、日光東照宮に巨大な石鳥居を奉納します。
黒田長政の治める筑前国(現・福岡県)志摩郡小金丸村の親山(おやま=可也山・かやさん/現・福岡県糸島市)で切り出した15個の石を海路で江戸湾まで運び、そして江戸川・利根川・渡良瀬川を遡り、さらに「御用川」と呼ばれた思川(おもいがわ)を使って小山・乙女河岸(問屋・山中八郎兵衛)までの舟運で、さらに陸路は丸太を並べた上で巨石を移動させ、壬生(みぶ)、鹿沼、今市を経て日光へと運んだもの。
日光山には諸大名が奉納した鳥居が随所にありますが、外様ながら筑前一国一円52万3000余石の大大名となった黒田家の繁栄の願いを込め(徳川将軍家への恭順の意思表示も)、石鳥居を奉納したものと推測できます。
そのかいあってか、その子、2代藩主・黒田忠之(くろだただゆき)以下福岡藩の歴代藩主・嫡子に対し、徳川将軍家は松平の名字と将軍の偏諱を授与しているのです。
まさに黒田家安泰をもたらした吉祥の大鳥居といえるのです。

石鳥居の「東照大権現」の扁額(畳1枚分の大きさ)は後水尾天皇の勅筆。

参道と鳥居の結ぶ方向は、真南から6度ほど東南に傾いていますが、日光東照宮本殿と鳥居の中心を結んだ線の延長上に江戸城があり、死して江戸を護るという徳川家康(東照大権現)の信念が秘められているのだとか。

石鳥居下の石段は、千人桝形と呼ばれていますが、10段の石段の各段に100人並ぶことができるのが名の由来。
10段ある石段ですが、じっくりと観察すると上に行くほど横幅が狭く、しかも段差も低くなっています。
これは、遠近法を巧みに使って、実際より高い石段と錯覚し、石鳥居を遠くに見せるための工夫(トリック)なのです。

江戸時代に造営された鳥居では日本最大規模を誇り、八坂神社(京都市)の石鳥居、鶴岡八幡宮(鎌倉市)の鳥居とともに「日本三大石鳥居」に数えられています。

ちなみに日光東照宮・上神庫の斜め前には、黒田長政の継室:栄姫(大涼院、保科正直の娘、徳川家康の母方の姪で家康の養女として長政に嫁いでいます)が奉納した燈籠一対もあり、奉納日は石鳥居と同じ元和4年4月17日(1618年6月9日)となっています。

石鳥居に刻まれている銘文

奉寄進 日光山 
東照大権現御寶前石鳥居者 於筑前國削鉅石造
大柱而運之南海以達于當山者也
元和四年戊午四月十七日  黒田筑前守藤原長政

名称 日光東照宮・石鳥居(一の鳥居)/にっこうとうしょうぐう・いしどりい(いちのとりい)
所在地 栃木県日光市山内2301
関連HP 日光東照宮公式ホームページ
電車・バスで 東武日光駅から東武バス世界遺産めぐりで勝道上人像前下車、徒歩5分
ドライブで 日光宇都宮道路日光ICから約4km
駐車場 100台/有料
問い合わせ 日光東照宮社務所 TEL:0288-54-0560/FAX:0288-54-0061
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日光東照宮・五重塔

日光東照宮・五重塔

日光東照宮の石鳥居(一の鳥居)脇にあるのが五重塔。慶安3年(1650年)、若狭小浜藩の初代藩主・酒井忠勝(さかいただかつ/4代将軍徳川家綱時代の老中・大老)が寄進したのが始まりですが、文化12年(1815年)に焼失。現存する五重塔は、文政元

日光東照宮・御仮殿

日光東照宮・御仮殿

日光東照宮参道途中、一の鳥居の東側、日光東照宮宝物館近くにあるのが御仮殿(おかりでん)。御本社を修理する際に、祭神を一時的に遷すための御殿で、現存する建物は3代将軍・徳川家光の造営による寛永16年(1639年)の建立。国の重要文化財になって

日本三大石鳥居

日本三大石鳥居とは!?

鳥居の材質はもともとは木だったのですが、中世から北九州や瀬戸内海の花崗岩を海路運んで鳥居にするという石鳥居が建立されるようになりました。運搬に財力がかかることから、奉納者の権力を示すことができるこの石鳥居、日本三大石鳥居に数えられるのは、や

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ