磐船神社

磐船神社

大阪府交野市(かたのし)にある「天の磐船」(あめのいわふね)と呼ばれる舟形の巨岩を御神体とする古社が磐船神社(いわふねじんじゃ)。『日本書紀』に饒速日命(にぎはやひのみこと)が天照大神から十種の神宝を授かり天磐船に乗って河内国(大阪府交野市)の降臨したと記されていますが、その地が磐船神社とも。

巨岩「天の磐船」が御神体

磐船神社

天野川(淀川の支流)を跨ぐように横たわる高さ12m、幅12mの舟形巨岩(磐座/いわくら)「天の磐樟船」(あまのいわくすぶね)が御神体。
中世には神仏習合の地となり、海上交通の守護神である住吉神が祀られ、その本地仏(仏教の隆盛により、日本の八百万の神々は、実は様々な仏の化身・権現とする考えが隆盛)として巨岩に大日如来、観音菩薩、勢至菩薩(せいしぼさつ)、地蔵菩薩が彫られています。
また、修験道で信仰された不動明王(密教の根本尊である大日如来の化身)も彫られていることから、山岳修験の聖地となっていたこともわかります。
また、巨岩の頂には「加藤肥後守」の刻印(加藤清正の刻印)が刻まれ、大坂城修築の際に切り出そうとしたという伝説も残されています。

傍らに現在の大阪府枚方市と奈良県生駒市を結ぶ磐船街道(いわふねかいどう)が通っていますが、これが古代の上つ鳥見路。
古代に難波津(現在の大阪港)に着いた帰化人や、大陸からの使者などは、天野川沿いに遡る上津鳥見路(かみつとみじ)を通って奈良・斑鳩の都へと向かったと推測できます。

交野地方に居住した肩野(かたの)物部氏という物部の一族との関係も推測され、森古墳群は肩野物部氏の墳墓だといわれています。
また天野川が形成する景勝地・磐船峡(生駒金剛紀泉国定公園)にも巨石が多く、大阪府の名勝になっています。

名称 磐船神社/いわふねじんじゃ
所在地 大阪府交野市私市9-19-1
関連HP 磐船神社公式ホームページ
電車・バスで 京阪交野線私市駅から京阪バスで磐船神社前下車
ドライブで 第二京阪道路交野南ICから約6km、交野北ICから約7km
駐車場 5台/無料
問い合わせ TEL:072-891-2125
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ