佐賀市歴史民俗館・旧森永家

佐賀市歴史民俗館・旧森永家

佐賀県佐賀市、長崎街道沿いなどの歴史的建造物群7棟を総称して、佐賀市歴史民俗館と呼んでいますが、長崎街道に面する北蔵に「森永呉服店」の看板を掲げるのが旧森永家。もともとは煙草製造をしていましたが、専売制により明治37年〜昭和9年までは呉服店を営んでいました。

呉服店以前は、「富士の煙」発売の煙草製造商店

寛政年間(1789年〜1800年)に藩命で、初代・森永忠左エ門が煙草(たばこ)の製造を行ない、「幾作美御多葉粉」(きざみおんたばこ)の販売を開始したという森永家。
明治時代、森永作平が製造した国分刻み煙草の「富士乃煙」、紙巻たばこ「富士の煙」は、東京で有名だった岩谷商会の「天狗煙草」よりも芳薫(ほうくん)だと評判を呼び、佐賀の名物に(原料の葉たばこは鹿児島・国分から仕入れ、有明海を渡り今宿港へ輸送されていました)。
佐賀出身の大隈重信も愛煙したというのが紙巻たばこ「富士の煙」です。

明治37年7月1日、日露戦争の戦費調達のために煙草専売法が施行され、煙草が専売制となってからは呉服店へと転じ、昭和9年まで呉服店を営み、呉服恵比須も鎮座しています。

現在は和紅茶専門店、元禄時代に佐賀で生まれた綿絨毯「鍋島緞通」の制作実演の店、佐賀の工芸品の店が入居しています。

佐賀市歴史民俗館は、旧古賀銀行、旧古賀家、旧牛島家、旧三省銀行、旧福田家、旧森永家、旧久富家の7館で構成。

佐賀市歴史民俗館・旧森永家
名称 佐賀市歴史民俗館・旧森永家/さがしれきしみんぞくかん・きゅうもりながけ
所在地 佐賀県佐賀市柳町4−7
関連HP 佐賀市公式ホームページ
電車・バスで JR佐賀駅前の佐賀駅バスセンターから佐賀市営バス犬井道・大詫間行きで8分、片田江下車、徒歩3分
ドライブで 長崎自動車道佐賀大和ICから約8.7km
駐車場 50台/無料
問い合わせ 佐賀市歴史民俗館・旧森永家 TEL:0952-22-6849
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

佐賀市歴史民俗館・旧古賀銀行

佐賀市歴史民俗館は7棟の歴史的建造物の総称。その中心が旧古賀銀行です。明治18年、両替商をしていた古賀善平が設立した銀行で、佐賀県下の炭坑の好況を受け第七二国立銀行を譲り受けて業務を拡大、大正時代には県下最大の銀行となり、九州五大銀行の1つ

佐賀市歴史民俗館・旧古賀家

古賀銀行の創設者で、「佐賀財閥」のひとり古賀善平の住宅が佐賀市歴史民俗館・旧古賀家。古賀銀行設立の前年、明治17年に建てられています。古賀家は大隈重信(佐賀城下会所小路の生まれ)も佐賀に帰郷の際は古賀邸にたびたび宿泊したという名家です。現在

佐賀市歴史民俗館・旧三省銀行

銀行類似業務を担う三省社(さんしょうしゃ)の店舗として明治15年に建てられた建物を保存するのが、佐賀市歴史民俗館・旧三省銀行。三省銀行は、明治15年2月に旧佐賀藩士の柿久栄次を頭取とし、佐賀郡の米穀商を株主として開業した三省社が前身。その背

佐賀市歴史民俗館・旧牛島家

建築は18世紀前半(江戸中期頃)と推測され、佐賀城下に残る最古の町家建築が、佐賀市歴史民俗館・旧牛島家。もともとは佐賀城下の下今宿町(現・佐賀市朝日町3番4号)にあった町家建築で、1854(嘉永7)年の『佐嘉城下町竃帳』(幕末佐賀城下の庶民

佐賀市歴史民俗館・旧久富家

佐賀市歴史民俗館・旧久富家

佐賀県佐賀市、長崎街道沿いなどの歴史的建造物群7棟を総称して、佐賀市歴史民俗館と呼んでいますが、柳町にある商家が佐賀市歴史民俗館・旧久富家。履物商を営んでいた初代・久富亀一が、大正10年に柳町に移転し「履物問屋久富商店」を開いた建物です。「

佐賀市歴史民俗館・旧福田家

佐賀市歴史民俗館・旧福田家

佐賀県佐賀市、長崎街道沿いなどの歴史的建造物群7棟を総称して、佐賀市歴史民俗館と呼んでいますが、1棟だけやや離れた「通り小路」にあるのが、旧福田家。旧福田家は大正7年に建てられたもので、主の福田慶四郎は、明治末期から昭和にかけて活躍し、百六

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ