湯涌温泉総湯 白鷺の湯

湯涌温泉総湯 白鷺の湯

石川県金沢市湯涌町、養老2年(718年)開湯という歴史ある湯涌温泉の共同湯が湯涌温泉総湯白鷺の湯。近郷の農夫が温泉で癒すシラサギを見て発見したと伝えられることが名の由来です。現在の総湯は、平成11年にリニューアルされた近代的な共同湯。白鷺の足場も備えられています。

女湯にのみ露天風呂が!

湯涌温泉総湯 白鷺の湯
足湯も整備されています

湯涌温泉1号源泉(泉温40.8度、湧出量は毎分57.5リットル)を使用し、
泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉で、神経痛、筋肉痛、五十肩、慢性消化器病、うちみ、くじきなどが適応症。
飲泉も可能です。

湯涌温泉総湯 白鷺の湯
名称 湯涌温泉総湯 白鷺の湯/ゆわくおんせんそうゆ しらさぎのゆ
所在地 石川県金沢市湯涌町イ139-2
関連HP 湯涌温泉公式ホームページ
電車・バスで JR金沢駅から北陸鉄道バス湯涌温泉行きで53分、終点下車、徒歩4分
ドライブで 北陸自動車道金沢西ICから約20km
駐車場 15台/無料
問い合わせ 湯涌温泉総湯 白鷺の湯 TEL:076-235-1380
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
玉泉湖

玉泉湖

石川県金沢市湯涌温泉(ゆわくおんせん)、浅野川支流の湯ノ川を堰き止めた人造湖が、玉泉湖(ぎょくせんこ)。湖岸に遊歩道が整備され、一周15分ほどで周回できます。湯涌温泉の総湯「白鷺の湯」から徒歩5分ほどで到達できるので(ただし上り道)、湯上が

湯涌温泉・氷室

湯涌温泉・氷室

石川県金沢市湯涌温泉(ゆわくおんせん)、総湯「白鷺の湯」の奥、浅野川支流の湯ノ川を堰き止めた玉泉湖の南岸にあるのが、氷室(ひむろ)。旧暦6月1日(西暦だと7月上旬頃)の『氷室の節句』に合わせ、加賀藩が徳川将軍家に献上した雪氷を保存した氷室を

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ