黒湯温泉

黒湯温泉

秋田県仙北市、乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)のもっとも奥にある一軒宿の温泉宿が黒湯温泉。湯治宿の風情を残し、素朴な雰囲気にファンも多い宿です。混浴の上の湯、男女別の下の湯があり、ともに内湯、露天風呂、打たせ湯付き。とくに風情ある打たせ湯が人気です。旅館部にも男女別の内湯があります。

乳頭温泉郷最奥の温泉は、湯量豊富

延宝2年(1674年)頃に発見された歴史ある湯治場で、周囲はブナの原生林という環境。
敷地内には源泉が湧き出る河原があり、湯量の豊富さでは乳頭温泉郷随一です。

混浴の露天風呂には昔ながらの「とい」から落ちる打たせ湯があり、これが人気。
湯は酸性硫黄泉と単純硫化水素泉(源泉は複数あり、加水源泉かけ流しで使われています)。
火傷には特効があるとされ、子宝の湯ともいわれています。
日帰り入浴も可能。

客室は旅館部と、昔ながらの自炊部(茅葺屋根の自炊棟、2階建ての自炊棟)に分かれ、旅館部には和洋室(専用半露天風呂付き)も備えています。
1棟貸し切り形式の離れ(少し離れた高台に建っています)は、昭和39年に高松宮宣仁親王(たかまつのみやのぶひとしんのう)が春スキーを楽しんだ際に建てられたもの。

夕食は、山の幸がたっぷりで、3日前までに予約すれば別注のきりたんぽ鍋(比内地鶏使用)、比内地鶏鍋、イワナの骨酒の用意も。
営業期間は、例年4月中旬〜11月上旬で、冬季は休業。

黒湯温泉
名称 黒湯温泉/くろゆおんせん
所在地 秋田県仙北市田沢湖生保内黒湯沢2-1
関連HP 黒湯温泉公式ホームページ
電車・バスで JR田沢湖駅から羽後交通バス乳頭温泉行きで41分、国民休暇村下車、徒歩30分
ドライブで 東北自動車道盛岡ICから約58.8km
駐車場 40台/無料
問い合わせ 黒湯温泉 TEL:0187-46-2214/FAX:0187-46-2280
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
孫六温泉

孫六温泉

秋田県仙北市、深山に7湯が点在する乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)のなかで、もっとも湯治場風情を残す温泉宿が孫六温泉。「山の薬湯」の別名も有する鄙びた秘湯で、のんびり過ごすには最適。山菜や地場産品を活かして手作りされる食事も好評です。

妙乃湯

妙乃湯

秋田県仙北市、乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)のひとつで、先達川畔に建つ一軒宿の温泉が妙乃湯(たえのゆ)。宿は和風モダンといった趣の建物で、宿から少し離れたブナ林に湧く源泉は、泉質がマグネシウム・カルシウム-硫酸塩泉の「金の湯」と、単

蟹場温泉

蟹場温泉

秋田県仙北市、乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)の最北に位置する一軒宿が蟹場温泉(がにばおんせん)。あたりの沢にサワガニが多く棲息することがその名の由来とか。現在はモダンな建物ですが、江戸末期の開湯で、かつては農閑期の湯治場として賑わっ

大釜温泉

大釜温泉

秋田県仙北市、乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)のひとつで、妙乃湯から先達川を渡った先にある一軒宿の温泉が大釜温泉。建物は昭和40年代まで使われていた小学校の木造校舎を移築、山小屋風に改造したもので、ノスタルジックな雰囲気が漂い、情緒満

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ