孫六温泉

孫六温泉

秋田県仙北市、深山に7湯が点在する乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)のなかで、もっとも湯治場風情を残す温泉宿が孫六温泉。「山の薬湯」の別名も有する鄙びた秘湯で、のんびり過ごすには最適。山菜や地場産品を活かして手作りされる食事も好評です。通年営業で、冬は雪見風呂を楽しむことができます。

効能豊かな4つの源泉が楽しめる秘湯

明治39年、黒湯温泉に湯治に通っていた田口久吉がその効能に惚れ込んで湯治小屋を建てたのが始まりという孫六温泉。
「孫六」というのは、田口家の屋号です。
駐車場から吊橋を渡って到達するというアプローチも、山の出湯らしいところ(大きな荷物はおすすめできません)。

男女別脱衣所がある混浴の湯小屋「石の湯」は、少し低い位置に湯船がある半地下のような造り。
源泉が自噴する岩盤をくり抜いて作ったというワイルドさですが、本来の温泉の摂理にかなった構造。
岩の割れ目から常にフレッシュな源泉が供給され、必然的に湯温は高くなるのでかなり熱めですが、温泉の鮮度という点でいえば、これ以上の好条件はありません。

石の湯に隣接して混浴の露天風呂も大小2つあり、川のせせらぎを耳にしながらの湯浴みが楽しめます。

その先にある先達川の川岸には、女性専用の露天風呂と打たせ湯付の混浴風呂「滝湯」(打たせ湯)が点在。
また木造の小屋掛けがある「唐子の湯」(からこのゆ)も半地下的な構造。
男女が板で仕切られた素朴な内湯です。

源泉は、ラジウム含単純硫化水素泉など、泉質が異なる4つの自噴泉。
源泉温度が高いため、おもに加水してかけ流しにしています。

日帰り入浴も可能。
客室(すべてトイレ無しです)にテレビはありませんが、旅館内にWi-Fiが完備されています。
なお、夕方になるととても暗く、道が大変わかりづらくなるので、とくに日没の早い秋冬には暗くなる前の到着がおすすめです。

周辺の砂防ダムなどが風情を害するという手厳しい意見もありますが、土石流や雪崩の被害の危険があり、それを避けるための安全対策なのです。

孫六温泉
名称 孫六温泉/まごろくおんせん
所在地 秋田県仙北市田沢湖田沢先達沢国有林内
関連HP 乳頭温泉組合公式ホームページ
電車・バスで JR田沢湖駅から羽後交通バス乳頭温泉行きで45分、終点下車、徒歩3分
ドライブで 東北自動車道盛岡ICから約58.8km
駐車場 黒湯温泉駐車場(40台/無料)
問い合わせ 孫六温泉 TEL:0187-46-2224/FAX0187-46-2224
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

今すぐ孫六温泉を予約するなら

yahoo!トラベルで予約する

じゃらんnetで予約する

JTBトラベルで予約する

楽天トラベルで予約するicon
黒湯温泉

黒湯温泉

秋田県仙北市、乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)のもっとも奥にある一軒宿の温泉宿が黒湯温泉。湯治宿の風情を残し、素朴な雰囲気にファンも多い宿です。混浴の上の湯、男女別の下の湯があり、ともに内湯、露天風呂、打たせ湯付き。とくに風情ある打た

妙乃湯

妙乃湯

秋田県仙北市、乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)のひとつで、先達川畔に建つ一軒宿の温泉が妙乃湯(たえのゆ)。宿は和風モダンといった趣の建物で、宿から少し離れたブナ林に湧く源泉は、泉質がマグネシウム・カルシウム-硫酸塩泉の「金の湯」と、単

蟹場温泉

蟹場温泉

秋田県仙北市、乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)の最北に位置する一軒宿が蟹場温泉(がにばおんせん)。あたりの沢にサワガニが多く棲息することがその名の由来とか。現在はモダンな建物ですが、江戸末期の開湯で、かつては農閑期の湯治場として賑わっ

大釜温泉

大釜温泉

秋田県仙北市、乳頭温泉郷(にゅうとうおんせんきょう)のひとつで、妙乃湯から先達川を渡った先にある一軒宿の温泉が大釜温泉。建物は昭和40年代まで使われていた小学校の木造校舎を移築、山小屋風に改造したもので、ノスタルジックな雰囲気が漂い、情緒満

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ