名代三角そばや本店

名代三角そばや本店

秋田県横手市、「十文字中華そば」(十文字ラーメン)の老舗3軒(「十文字中華そば御三家」)のひとつが名代三角そばや本店。元祖の店「マルタマ」の近くに住んでいた佐藤忠孝さんが、「マルタマ」で麺の作リ方を教わリ、焼き干しべースのオリジナルスーブを開発して創業した店です。

手間ひまかけた麺とスープが秀逸!

名代三角そばやの自慢は、無かんすいの細打ち手揉み麺。
数種類の小麦粉をブレンドして作る自慢の麺は、職人が手揉みした後、5~7日ほど低温熟成したもの。
ヘルシーながら、無かんすいゆえに切れやすいという繊細さもあるため、丁寧に慎重に扱われています。
かんすいを使わないために「小麦粉本来の味を感じることができる」(2代目となる当主・佐藤秀さん)とのこと。

スープは、「十文字中華そば」の定番、陸奥湾の鰯(いわし)焼き干しに醤油ベースの魚介系。
メンマは4日ほどかけて自家製のダシで味付けしています。

三角中華そばは、並盛り、中盛り、大盛りの3タイプ。
夏には冷やし中華そばがメニューに加わりますが、メニューはこれだけの、まさに「十文字中華そば」専門店。
2代目となる当主・佐藤秀さんのこだわりが、ここにもにじみ出ています。
「何十年と通ってくれる常連も多いんで、創業当時の味を大切にしています」とのこと。

トッピングはチャーシュー、ネギ、自家製メンマ、とろろ昆布。
「迷ったらネギ、自家製メンマ、とろろ昆布がセットでお得なトッピングセットを」とのこと。

十文字IC近くに平成19年に移転した本店のほか、横手店(横手市安田)、湯沢店(秋田県湯沢市)があります。
本店は山形県金山町にあったかつての地主の邸宅を移築したもの。
見事なまでの金山杉を使った築100年以上という古民家を再生したもの。
建物も一見の価値ありです。
昼時は行列必至の名店なので、昼を避けるのも賢明。

また秋田市の秋田市民市場にある「支那そば伊藤」は、暖簾分けした店、秋田市内で名代三角そばやの味が楽しめます。

名代三角そばや公式ホームページから宅配の注文の可能。

名代三角そばや本店
名称 名代三角そばや本店/なだいさんかくそばやほんてん
所在地 秋田県横手市十文字町梨木羽場下63-1
関連HP 名代三角そばや公式ホームページ
電車・バスで JR十文字駅から徒歩25分
ドライブで 湯沢横手道路十文字ICからすぐ
駐車場 30台/無料
問い合わせ 名代三角そばや本店 TEL:0182-42-1360
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
丸竹食堂

丸竹食堂

秋田県横手市にある「十文字中華そば」(十文字ラーメン)の老舗が丸竹食堂。元祖となるマルタマ(昭和10年創業)で従業員として働いていた小野寺タケさんが独立して昭和28年に開業した店で、煮干しと鰯の焼き干しで出汁をとる、「十文字中華そば」の伝統

元祖十文字中華そば マルタマ

元祖十文字中華そば マルタマ

秋田県横手市にある「十文字中華そば」(十文字ラーメン)発祥の店が元祖十文字中華そば マルタマ(マルタマ食堂)。横手市十文字町といえば、今では中華そば・ラーメンの街といわれるほどに有名ですが、その元祖の店がマルタマで、日本テレビ系列『秘密のケ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ