丸竹食堂

丸竹食堂

秋田県横手市にある「十文字中華そば」(十文字ラーメン)の老舗が丸竹食堂。元祖となるマルタマ(昭和10年創業)で従業員として働いていた小野寺タケさんが独立して昭和28年に開業した店で、煮干しと鰯の焼き干しで出汁をとる、「十文字中華そば」の伝統を今に伝える人気店となっています。

自家製の細縮れ麺が美味いと評判!

戦前の横手周辺は、「県南の上海」といわれるほど多くの中国人が暮らしていました。
そんな環境から生まれたのが「十文字中華そば」。
川越倉治・タマ夫妻が創業した「マルタマ」が煮干しと鰯の焼き干しという和風出汁のスープだったことから、丸竹食堂もスープはやさしい味。
「12歳でマルタマで働き始め、22歳で丸竹食堂を開店」とのことですが、開店当初はそばを出す食堂だったのだとか。

具が、チャーシュー、メンマ、そしてなると巻の代わりの麩(昭和10年頃に全国に中華そばが広まり、なると巻が高騰したという歴史が背景に)というのも、「十文字中華そば」の定番。
タレは白醤油を使用した醤油味で、澄んだスープが特徴(薄味が好みの人には、少し塩辛いかも)。

開店前にはちょっとした行列が店頭にできる丸竹食堂ですが、人気の秘密は、「スープは十文字中華そばらしい味ですが、とにかく麺がすごくおいしい」(常連の声)から。
麺は自家製の細縮れ。

メニューは、中華そばのほか、コーン中華、もやし中華、ワカメ中華、月見中華、こんぶ中華、メンマ中華、チャーシューメン、そして冷がけ中華(実は、冷がけ中華が美味しいという常連も多数)。
大盛り、ダブルも用意されています。
「しかも、値段がすごく良心的!」と常連が何度も強調するように、申し訳ないほどのコスパです。

ラーメン好きは、丸竹食堂とマルタマをハシゴするそうですが、ともに行列必至の店なので、時間には余裕が必要。

丸竹食堂
名称 丸竹食堂/まるたけしょくどう
所在地 秋田県横手市十文字町本町7-1
電車・バスで JR十文字駅から徒歩5分
ドライブで 湯沢横手道路十文字ICから約2km
駐車場 あり/無料
問い合わせ 丸竹食堂 TEL:0182-42-1056
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
元祖十文字中華そば マルタマ

元祖十文字中華そば マルタマ

秋田県横手市にある「十文字中華そば」(十文字ラーメン)発祥の店が元祖十文字中華そば マルタマ(マルタマ食堂)。横手市十文字町といえば、今では中華そば・ラーメンの街といわれるほどに有名ですが、その元祖の店がマルタマで、日本テレビ系列『秘密のケ

名代三角そばや本店

名代三角そばや本店

秋田県横手市、「十文字中華そば」(十文字ラーメン)の老舗3軒(「十文字中華そば御三家」)のひとつが名代三角そばや本店。元祖の店「マルタマ」の近くに住んでいた佐藤忠孝さんが、「マルタマ」で麺の作リ方を教わリ、焼き干しべースのオリジナルスーブを

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ