入道埼灯台

男鹿市の男鹿半島、入道崎の突端に立つ白と黒のツートンカラーのが入道埼灯台。北緯40度線上の灯台として、太平洋側の陸中黒埼灯台(岩手県普代村)と対をなしています。明治31年に初点灯した灯台は、「日本の灯台50選」にも選ばれています。グリーンシーズンには内部が見学できる参観灯台となっています。

白黒のツートンカラーの線数、バランスにも注目を

入道埼灯台は沿岸灯台で、陸との距離、船舶が自船の位置を確認する指標となってきました。

明治31年11月8日初点灯。
初代の灯台は六角形の鉄塔でした。
昭和26年、コンクリート造の灯塔に改築。
灯高27.92m、灯火標高は57.00m、光達距離20.0海里(約37.0km)。

昭和47年5月に無人化されています。
白黒のツートンカラーも当初は、黒と白がそれぞれ4本でしたが、昭和61年に灯台は白色というイメージを崩さないための全国統一ルールができた後、白色の比率が多くなるようになるべく同じ太さで、白に始まり白で終わらせようと、現在の白4本,黒3本に変更されています。

ちなみに、黒白を何本に塗り分けるかは、目標物として利用されるときに、最も目立つようにするため、灯台によって異なっています。

燈光会により、灯台資料展示室も併設され、灯台に関する貴重な資料や大型レンズが展示されています。
 

入道埼灯台 DATA

名称 入道埼灯台/にゅうどうざきとうだい
所在地 秋田県男鹿市北浦入道崎
関連HP http://www.city.oga.akita.jp/
電車・バスで JR羽立駅から秋田中央交通バス入道崎行きで54分、終点下車、すぐ
ドライブで 秋田自動車道昭和男鹿半島ICから約42.1km(1時間20分)
駐車場 1000台/無料
問い合わせ 男鹿市観光協会TEL:0185-24-4700

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ