洲原池(洲原公園)

洲原池(洲原公園)

愛知県刈谷市井ヶ谷町、刈谷ハイウェイオアシスの北東、800mほどのところ、愛知教育大学の東にある農業用の溜池が洲原池。一帯は洲原公園として整備されています。カキツバタ群落のある小堤西池、刈谷ハイウェイオアシスに隣接する岩ヶ池、その北西の草野池など周辺には多くの溜池があります。

美濃国から勧請した洲原神社が鎮座

現在の刈谷市、安城市一帯は、農業用の水の確保に難渋した場所。
江戸時代に火伏せで勧請した秋葉神社もその祭礼の『万燈祭』は雨乞いというくらいに、水の確保は死活問題だったのです(愛知県には2000ヶ所もの溜池がありますが、豊明市、大府市、刈谷市から知多半島にかけての丘陵地帯、つまりは愛知用水沿いに集中しています)。
そのために多くの農業用溜池が築かれましたが、広さ16haという大きな池が洲原池で、開削当初は新池と呼ばれていました。
堰堤がたびたび決壊したので、明暦元年(1655年)、豊作などのご利益で知られる美濃国の洲原神社(現・岐阜県美濃市/白山信仰の社で全国の洲原神社の本社)の分霊を勧請して洲原神社を創建。
以降、池の名も洲原池と呼ばれるように。

周囲に広がる丘陵地の松林を利用して昭和44年に風致公園として整備されたのが洲原公園。
ソメイヨシノ420本が植栽され、3月下旬~4月上旬に見頃を迎えるほか、初夏のツツジも見事です。

池の周りには全長2.2kmの散策コースがあるほか、宿泊施設の洲原ロッジ(素泊まり、和室のみ、自炊可)、洲原温水プール、600席の観覧席があるテニスコート、デイキャンプ広場・ファイヤー広場、遊具広場、わんぱく広場、湖畔の展望デッキが整備されています。

洲原池(洲原公園)
名称 洲原池(洲原公園)/すはらいけ(すはらこうえん)
所在地 愛知県刈谷市井ヶ谷町洲原4-1
関連HP 刈谷市公式ホームページ
電車・バスで JR刈谷駅・名鉄刈谷駅、または、名鉄富士松駅からバスで洲原温水プール下車
ドライブで 伊勢湾岸自動車道豊明IC・豊田南ICから約5km
駐車場 529台/無料
問い合わせ 刈谷市公園緑地課 TEL:0566-62-1023/FAX:0566-23-9331
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
小堤西池

小堤西池(小堤西池のカキツバタ群落)

愛知県刈谷市井ヶ谷町にある広さ2haの農業用溜池が小堤西池。刈谷市から知多半島にかけての丘陵地帯は溜池の集中する場所ですが、小堤西池はカキツバタが自生し、「小堤西池のカキツバタ群落」として国の天然記念物に指定。さらに「日本三大カキツバタ自生

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ