マイントピア別子東平ゾーン・東平歴史資料館

マイントピア別子東平ゾーン・東平歴史資料館

愛媛県新居浜市の別子銅山(べっしどうざん)の跡、「東洋のマチュピチュ」と呼ばれるマイントピア別子東平ゾーンにあり、最盛期の東平の鉱山、社宅、学校などをジオラマ、地形模型、写真などで解説するミュージアムが東平歴史資料館(とうなるれきししりょうかん)。

最盛期3700人が暮らした鉱山都市の歴史を紹介

標高1200mから海面下1000mにかけて厚さ2.5mの海底火山活動によって誕生した銅を含んだ鉱床を採掘した別子銅山。

江戸時代初期の元禄3年(1690年)、標高1000mを超える別子山村に鉱脈の露頭が発見されたことをきっかけに、江戸時代を通じて、世界屈指の銅山として繁栄します。
明治時代に入り、殖産興業を掲げる政府の意を受け、住友が別子銅山を運営し、フランスから技術者を呼んで、採掘技術、鉱石の運搬、精錬技術の近代化を図ります。

採鉱の工程に、火薬・ダイナマイトを導入し、東延斜坑(鉱石搬出用のシャフト)を設置。
明治時代〜大正時代、赤石山系の瀬戸内海側の北斜面に、鉱脈に向けた主要水平坑道の第一通洞、第三通洞、第四通洞を掘削。
山上の山道から人力と牛車で鉱石を運ぶといった輸送は、明治26年、日本初の山岳鉄道となる上部鉄道(角石原~石ヶ山丈)と下部鉄道(端出場~惣開)を開通させて改善。
明治38年に東平~黒石間に複式索道が設置され、東平選鉱場が開場します。
大正5年に採鉱本部や主要な鉱山施設を標高1100mという山上の東延(とうえん)地区から標高750mの東平(とうなる)地区に移転し、明治後期から大正の別子銅山の中心地は東平となったのです。

明治時代の別子銅山の近代化の達成とともに、採鉱本部が大正5年から昭和5年まで東平にあり、まさに別子銅山の歴史を学ぶのには絶好の地。

この東平地区には、明治45年までに私立住友病院東平出張所、私立住友東平尋常高等小学校、東平郵便局、東平娯楽場などが開設されました。
昭和43年に鉱量枯渇で東平坑が休止となるまで、最盛期には、3700人が山上の東平地区で生活していました。
東平歴史資料館に展示される内容は、娯楽場では上方歌舞伎が上演されたなど興味深い内容の展示ばかり。

東平歴史資料館の所蔵物は、別子銅山関連遺産として経済産業省の近代化産業遺産(地域と様々な関わりを持ちながら我が国の銅生産を支えた瀬戸内の銅山の歩みを物語る近代化産業遺産群)にも認定されています。

マイントピア別子東平ゾーン・東平歴史資料館
名称 マイントピア別子東平ゾーン・東平歴史資料館/まいんとぴあべっしとうなるぞーん・とうなるれきししりょうかん
所在地 愛媛県新居浜市立川町654-3
関連HP マイントピア別子公式ホームページ
ドライブで 松山自動車道新居浜ICから約16km
駐車場 71台/無料
問い合わせ TEL:0897-36-1300
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
マイントピア別子東平ゾーン(東洋のマチュピチュ))

マイントピア別子東平ゾーン(東洋のマチュピチュ)

愛媛県新居浜市で別子銅山の採鉱本部跡のあった東平(とうなる)一帯が、マイントピア別子東平ゾーン。採鉱本部跡、貯鉱庫跡などが山中に残り、その雰囲気から東洋のマチュピチュとも呼ばれています。大正5年から昭和5年までの間、別子銅山の採鉱本部が置か

青龍橋

青龍橋

愛媛県新居浜市の愛媛県道47号(新居浜別子山線)途中にあるループ橋が青龍橋(第一青龍橋・第二青龍橋)。新居浜市街の国道11号から分かれ、マイントピア別子(別子銅山)などを結ぶ観光ルート途中にあります。鹿森ダムの堰堤下に位置し、ダム下とダムサ

遠登志橋

遠登志橋

愛媛県新居浜市を流れる国領川水系小女郎川に架かる橋が遠登志橋(おとしばし)。明治38年、別子鉱山の東平(とうなる)地区への生活道として築かれた橋長48m(支間長37m)の鋼製スパンドレルブレースト単アーチ橋で、現存する日本最古級の鋼製アーチ

別子銅山歓喜坑・歓東坑

別子銅山歓喜坑・歓東坑

愛媛県新居浜市にある日本の近代化にも大きく寄与した別子銅山(べっしどうざん)最初の坑道が歓喜坑・歓東坑。元禄3年(1690年)、鉱夫・切場長兵衛から足谷山(別子)に有望な露頭のあることを教えられた泉屋(住友)支配人の田向重右衛門(たむけじゅ

マイントピア別子東平ゾーン・旧東平第三変電所

マイントピア別子東平ゾーン・旧東平第三変電所

「東洋のマチュピチュ」と呼ばれるマイントピア別子東平ゾーン。明治時代後期から大正時代に別子銅山の中心地だった場所が東平(とうなる)地区。第三通洞内を走行する坑内電車(明治38年導入)の動力源となる電力、そして建ち並ぶ社宅などに電力を供給して

旧端出場水力発電所

旧端出場水力発電所

愛媛県新居浜市立川町、足谷川右岸の急峻な傾斜地に築かれたレンガ造りの発電所の跡が旧端出場水力発電所(きゅうはでばすいりょくはつでんしょ)。四阪島製錬所、別子銅山の坑内列車、社宅などへの電力供給を目的に明治45年に完成した水力発電所。国の登録

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ