十念寺・土井家廟所

十念寺・土井家廟所

愛知県刈谷市広小路にある浄土宗西山禅林寺派、十念寺。境内には延享4年(1747年)以降、譜代大名として刈谷藩2万3000石の藩主を務めた土井家廟所があります。本尊は阿弥陀如来で、十一面観音菩薩像は元禄15年(1702年)、上総の大多喜藩から刈谷藩に転封した阿部正春(あべまさはる)の寄進。

境内に刈谷藩主・土井家の廟所が現存

十念寺・土井家廟所

寺伝によると奈良時代に行基が開創したと伝える古刹。
室町時代に浄土宗に改宗し、十念寺になったもの。
刈谷城下の東南の入口に位置するため、寺が防衛的な機能も担っていたとも推測できます。
藩政時代には刈谷藩の庇護を受け、広大な境内を誇りましたが、今では往時の4分の1に縮小されています。

刈谷藩は藩主の交代の非常に激しい藩でしたが延享4年(1747年)に入城した土井利信(どいとしのぶ)以降は、廃藩置県まで土井家が藩主を務めています。
三河土井家(利長系)は徳川秀忠政権における老中として、絶大な権勢を誇った土井利勝の家系で、古河土井家は兄の土井利隆の流れ(本家)。
最後の藩主となった土井利教(どいとしのり)は、明治2年に版籍を奉還し(戊辰戦争時には内部対立を生みながら最終的には勤王派で、駿府城の守備を担当)、刈谷藩知事となっています。

十念寺・土井家廟所
名称 十念寺・土井家廟所/じゅうねんじ・どいけびょうしょ
所在地 愛知県刈谷市広小路4-219
関連HP 刈谷市観光協会公式ホームページ
電車・バスで 名鉄刈谷市駅から徒歩5分
ドライブで 伊勢湾岸自動車道豊明ICから約7km
駐車場 市営御幸駐車場(80台/1時間まで無料、以降有料)
問い合わせ 十念寺 TEL:0566-21-0854
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ