金鳥居

金鳥居

山梨県富士吉田市、市街地の中心を走る国道139号線と国道137号の交差点の南に、道路をまたいで建つ巨大な鳥居が金鳥居(かなどりい)。富士山登拝の一ノ鳥居(北口本宮冨士浅間神社の一ノ鳥居)で、ここから上部が富士山の神域ということに。御師(おし=富士講の重要な世話係)の家が並んだ上吉田の入口に位置しています。

富士山の神域入口に立つ巨大な鳥居

金鳥居

最初の鳥居が建てられたのは、江戸時代中期、富士講全盛時代の天明8年(1788年)のこと。
金銅製の鳥居が建てられたのがその名の由来です。

金鳥居は、その後、二度の倒壊再建後、太平洋戦争の金属不足ため供出。
現在の鳥居は昭和30年の再建のもの。

江戸から吉田までは健脚でも片道3日、吉田から頂上までは少なくとも往復2日、好天に恵まれたとしても合計8日間の旅で、金鳥居まで到達すれば、まさに、登山口ということを実感したことでしょう。
そのために現在のツアーのような講中(富士講)が組織され、ガイドとなったのが御師といわれる人々です。

以前には鳥居横に富士山頂までの里程元標が配され、山頂まで四里十三丁十間(約17km)と記してあったのですが、今はありません。

金鳥居にかかる大注連縄(しめなわ)は、北口本宮冨士浅間神社により、5年に一度張り替えられています。
少し富士山側に上った場所に「御師町お休み処インフォメーションセンター」があり、御師の街並みと北口本宮冨士浅間神社を巡るコース、北口本宮冨士浅間神社参拝コースのガイドも行なわれています(有料/要予約)。

名称 金鳥居/かなどりい
所在地 山梨県富士吉田市上吉田1-9地先
関連HP ふじよしだ観光振興サービス公式ホームページ
電車・バスで 富士急行河口湖線富士山駅から徒歩5分
ドライブで 東富士五湖道路富士吉田ICから約3km
駐車場 Q-STA(富士急ターミナルビル/390台)駐車場を利用
問い合わせ ふじよしだ観光振興サービス TEL:0555-21-1000/FAX:0555-21-1001
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
吉田の火祭り

吉田の火祭り|富士吉田市

毎年8月26日~8月27日、山梨県富士吉田市で『吉田の火祭り』が行なわれます。北口本宮冨士浅間神社と境内社(摂社)の諏訪神社の両社による例大祭で、静岡県島田市の『帯祭り』、愛知県稲沢市の『国府宮はだか祭り』とともに日本三奇祭の一つに数えられ

富士山開山前夜祭

富士山開山前夜祭|富士吉田市

毎年6月30日、山梨県富士吉田市の北口本宮冨士浅間神社で『富士山開山前夜祭』が行なわれます。富士山の富士吉田側の登山口に鎮座するのが北口本宮冨士浅間神社。シーズンの安全登山を祈願する富士講6社のパレード(金鳥居公園〜北口本宮冨士浅間神社)、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ