小津留湧水・水の駅おづる

小津留湧水・水の駅おづる

大分県竹田市、大分県道30号庄内久住線・豊後街道沿い、芹川ダム、海原六神社にほど近い湧水が、小津留湧水(おづるゆうすい)。毎分4tもの水が湧き出ており、24時間無料で利用可能。ポリタンク持参で年間20万人もの人が訪れるほど人気のスポットです。周辺は「水の駅おづる」として整備され、農産物直売所やレストランも併設。

湧水の道を隔てた眼の前には「水の駅おづる」が

小津留湧水・水の駅おづる

平成3年に温泉掘削のために行ったボーリング調査で 地下50mより水が湧き出したのが始まりという異色の湧水。
掘削で温泉ではなく、地下水脈を掘り当てたということに。

「水の駅おづる」の農産物直売所では、地場でとれた旬の野菜や米のほか、天然酵母のパン、菓子や惣菜も販売。
「湧水茶屋」では、大分名物のだんご汁やとり天、できたての豆腐などが味わえます。

小津留湧水・水の駅おづる
水の駅おづる
名称 小津留湧水・水の駅おづる/おづるゆうすい・みずのえきおづる
所在地 大分県竹田市直入町下田北1319-1
関連HP 竹田市観光ツーリズム協会公式ホームページ
ドライブで 大分自動車道大分光吉ICから約26km
駐車場 50台/無料
問い合わせ TEL:0974-64-7277
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
老野湧水

老野湧水

大分県竹田市久住町栢木老野(かやぎおいの)にあり、環境省の「名水百選」にも選ばれた「竹田湧水群」のひとつが老野湧水。岡藩2代藩主・中川久盛(なかがわひさもり)が、鷹狩りの際に老野を訪れ、その清水に感嘆し、社を建て替えたというのが、現在の妙見

河宇田湧水

河宇田湧水(竹田湧水群)

大分県豊後高田市にある竹田湧水群のひとつが河宇田湧水(かわうだゆうすい)。祖母・阿蘇・久住山系を水源とした、1日6〜7万トンともいわれる水量豊富な伏流水で、竹田湧水群のひとつ。「九州一の名水」と称されています。竹田湧水群として環境省の名水百

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ