蟹淵

蟹淵

石川県能美市、標高268mの山中にある神秘の淵が蟹淵(がんぶち)。周囲は300mで、標高が低いのにかかわらず、通常1000m以上でしか観察できないルリイトトンボ、木々の上で卵を産むモリアオガエルが生息し、能美市の天然記念物に指定されています。大蟹が棲む淵というのが名の由来です。

「蟹淵の化け蟹」伝説もある神秘の淵

蟹淵
ルリイトトンボ

駐車場から30分ほど歩きますが、到達した蟹淵(がんぶち)は、青緑色の神秘的な淵でカメラマンにも人気。
夏には石川県の絶滅危惧Ⅰ類に指定されてるルリイトトンボが乱舞し、水面にはヒツジグサが咲きます。
古くから大蟹が棲む池(『まんが日本昔ばなし』にも「蟹淵の化け蟹」として取り上げられた伝説)として恐れられ、渇水期には、雨乞いも行なわれた淵です。

蟹淵周辺にはツキノワグマも生息しているので、留意の上、行動を。

蟹淵
名称 蟹淵/がんぶち
所在地 石川県能美市鍋谷町地内
関連HP 能美市公式ホームページ
ドライブで 北陸自動車道能美根上スマートICから約18km
駐車場 1台/無料
問い合わせ 能美ふるさとミュージアム TEL:0761-58-5250/FAX:0761-58-5251
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ