鵜川石切り場

鵜川石切り場

石川県小松市立明寺町、ハニベ巌窟院(はにべがんくついん)近くにあるのが鵜川石切り場。飛鳥時代の河田山古墳(飛鳥時代)の石室から近世の小松城の石垣、そして近代建築にも使われる角礫凝灰岩石材の石切り場の跡で、水が溜まった洞内は、「青の洞窟」のようだと話題になっています。

現存する小松城本丸石垣は、鵜川石

鵜川石切り場

石を切り出した跡に生まれた洞窟内に貯まった地下水が、角度によって青にも緑にも照らし出され、幻想的な雰囲気を生み出しています。
鵜遊立地域活性化委員会(鵜遊立・うゆうりつ=鵜川町、遊泉寺町、立明寺町の頭文字)による町おこしの一環で、予約でガイド付き見学が行なわれていましたが、現在は休止中。

古墳時代後期に建築部材として活用が始まったと推測される鵜川石。
河田山古墳の石室は、朝鮮半島の王墓の影響を受けたと考えられるアーチ形石室が見つかっていますが(国内に例を見ない、大陸からの技術で築造)、鵜川石が使われています(河田山古墳群史跡資料館に移築復元)。
現存する小松城本丸櫓台石垣、小松城本丸西側石垣などは鵜川石が使われています。
小松城本丸櫓台石垣は、加賀藩3代藩主・前田利常(まえだとしつね)が、鵜川石と金沢の戸室山山麓で産する戸室石(とむろいし=角閃石安山岩、金沢城の石垣にも使用)をモザイク状に組み合わています。

近くにあるハニベ巌窟院は、洞窟丁場(洞窟となった石切り場)を再生したものです。

日本遺産『「珠玉と歩む物語」小松〜時の流れの中で磨き上げた石の文化〜』の構成資産で、小松市には、鵜川石切り場のほか、ガイド付きで見学が可能な滝ヶ原石切り場、現在も掘削が行なわれる日華石(浮石質凝灰岩)の石切り場の観音下石切り場、第二次大戦末期には中島飛行機(現・富士重工業)が洞窟を利用して部品を製造した遊泉寺石切り場跡があります。

また、鵜川石切り場近くには、最盛期には人口5000人もの鉱山町を形成した遊泉寺銅山跡があり、遊泉寺銅山ものがたりパークとして整備されています。

鵜川石切り場
名称 鵜川石切り場/うがわいしきりばあと
所在地 石川県小松市鵜川町
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
観音下石切り場

観音下石切り場

石川県小松市観音下町、大正初期から始まり、現在も掘削が行なわれる日華石(浮石質凝灰岩)の石切り場が、観音下石切り場(かながそいしきりば)。高さ50m以上という採石場の石壁が圧巻です。国会議事堂や甲子園ホテル、旧前田侯爵邸など、全国の近代建築

滝ヶ原石切り場

滝ヶ原石切り場

石川県小松市は、滝ヶ原石、日華石を産する「石の里」。滝ヶ原石を産した滝ヶ原地区(小松市滝ケ原町)には、アーチ型石橋も5橋が現存し、石を切り出した滝ヶ原石切り場の見学も可能です。日本遺産『「珠玉と歩む物語」小松〜時の流れの中で磨き上げた石の文

遊泉寺銅山ものがたりパーク

遊泉寺銅山ものがたりパーク

石川県小松市鵜川町にある安永元年(1772年)に創業し、大正9年に閉山した遊泉寺銅山(ゆうせんじどうざん)の跡地を利用したのが遊泉寺銅山ものがたりパーク。世界的建設機械メーカーのコマツ(小松製作所)も遊泉寺銅山の鉱山機械製造として創業し

ハニベ巌窟院

ハニベ巌窟院

石川県小松市立明寺町に昭和26年、初代院主・都賀田勇馬(つがたゆうま)が開創した洞窟寺院。ハニベとは古代、埴輪(はにわ)などを制作した土部師(はにべし)のこと。つまりは、ハニベ巌窟院とは、彫塑家が開創した洞窟寺院ということに。高さ15mとい

滝ヶ原アーチ石橋群

滝ヶ原アーチ石橋群

石川県小松市滝ケ原町、滝ヶ原石切り場(現役で稼働する本山丁場、滝谷口大滝丁場跡、西山丁場跡)のある滝ヶ原地区は、建築や墓石、寺社石造物に使われる滝ヶ原石の産地ですが、滝ヶ原石を使用し、明治時代後期から昭和初期に架橋された5つの石橋が現存し、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ