石鎚山・お山開き大祭(石鎚神社夏季大祭)

石鎚山・お山開き大祭(石鎚神社夏季大祭)

愛媛県西条市の石鎚神社 で、毎年7月1日〜7月10日に斎行されるのが、石鎚山・お山開き大祭(石鎚神社夏季大祭)。古くから「お山開き」と呼ばれる石鎚山の開山祭で、参加者は「お山詣り」、「石鎚導者(どうじゃ)」と称され、全国各地より数万人が集まります。

最もお山の生命力が旺盛になる期間に大祭が!

石鎚山・お山開き大祭(石鎚神社夏季大祭)

通常、石鎚神社の本社に奉斎されている御神像が頂上社へ遷座する間が「お山開き」の期間。
6月30日早朝、本社で『出御祭』が行なわれ、3基の御輿(「仁」、「智」、「勇」)が出御し、中宮成就社へと向かいます。
その夜は成就社本殿に仮泊し、7月1日に信徒の背で「仁」、「智」、「勇」の順に頂上社へと担ぎ上げられます。
神輿は7月10日10:00に頂上社で『お山開き大祭終了祭』を終えると、11:30頃に頂上社を出御し、成就社へ。
7月11日7:00に成就社を出御し、昼過ぎに本社へと還御します。


『お山開き大祭(石鎚神社夏季大祭)』期間中に中宮成就社から登拝する場合には、成就社の「崇敬組合窓口」で受付を済ませ、赤いリボンを身に着け、神門でお祓いを受けて山頂を目指します。
土小屋遥拝殿から登拝の場合は、土小屋遥拝殿の「登山切符課」で受付を済ませ、青のリボンを受け取り、山頂を目指します。

石鎚山・お山開き大祭(石鎚神社夏季大祭)
石鎚山・お山開き大祭(石鎚神社夏季大祭)
開催日時 毎年7月1日〜7月10日
所在地 愛媛県西条市小松町石鎚上黒河422
場所 石鎚神社 中宮成就社・頂上社
関連HP 石鎚神社公式ホームページ
電車・バスで 石鎚登山ロープウェイ山頂成就社駅から徒歩25分で石鎚神社 成就社(中宮)
ドライブで 松山自動車道松山自動車道いよ小松ICから約22km、いよ西条ICから約29km
駐車場 温泉旅館京屋駐車場(500台/有料)
問い合わせ 石鎚神社本社 TEL:0897-55-4044/FAX:0897-55-7242
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
石鎚登山ロープウェイ

石鎚登山ロープウェイ

愛媛県西条市、西条市から南に延びる愛媛県道12号(西条久万線)の終点から石鎚山山頂北側に延びる八丁坂に架かるロープウェイが石鎚登山ロープウェイ。山麓下谷駅(標高454m)と山頂成就駅(標高1293m)の間、全長1815m、高低差839mを所

石鎚スカイライン

石鎚スカイライン

愛媛県上浮穴郡久万高原町、四国の最高峰・石鎚山の南側山腹を走る愛媛県道12号(西条久万線)が、石鎚スカイライン。昭和45年、関門(標高650m)から土小屋(つちごや/標高1500m)まで、延長18.1kmの有料道路「石鎚スカイライン」が5年

石鎚神社・本社(口之宮)

石鎚神社・本社(口之宮)

愛媛県西条市、西日本の最高峰・石鎚山(いしづちさん)を御神体とする神社が、石鎚神社。山麓の本社(口之宮)、中腹の成就社(中宮)、山頂の頂上社(奥宮)、そして石鎚ドライブウエイの終点に土小屋遥拝殿の4社があり、本社と成就社には通年、神官が常駐

石鎚神社・成就社(中宮)

石鎚神社・成就社(中宮)

愛媛県西条市、石鎚山中腹(7合目)、石鎚登山ロープウェイを下車し、徒歩25分ほどの場所に鎮座するのが石鎚神社・成就社(中宮)。神仏習合時代には奥前神寺があった地で、ここから上部が女人禁制の霊域でした。石鎚山の登拝口、神域の入口に建つ中宮明治

石鎚神社・頂上社(奥宮)

石鎚神社・頂上社(奥宮)

愛媛県西条市、霊峰・石鎚山を御神体と仰ぐ、石鎚信仰。石鎚山の山頂に鎮座するのが、石鎚神社・頂上社(奥宮)です。社殿には3体の御神像(玉持ちの御神像、鏡持ちの御神像、剣持ちの御神像)が祀られ、夏山の登拝シーズン期間のみ、神像に触れる御神像拝戴

石鎚山

石鎚山

愛媛県西条市・久万高原町、標高1982m(天狗岳)と四国はもちろん、西日本の最高峰が、石鎚山(いしづちさん)。飛鳥時代の天武天皇14年(685年)、修験道の開祖・役小角(えんのおづぬ)が修行の末、開山したと伝わり、富士山などとともに日本七霊

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ