日本三名瀑とは!?

日本三名瀑

歴史的に有名な日本を代表する滝3つを選んだ日本三名瀑。一般的には日光の華厳の滝、熊野の那智の滝、奥久慈の袋田の滝が日本三名瀑ですが、選者がいるわけではなく、あくまで一般的にということに。というわけで、華厳の滝、那智の滝については異論がない場合が多のですが、最後の袋田の滝は、それに代えてという候補も存在します。

修験道によって見出された山中の滝

 

滝に対する関心は、奈良時代に吉野山で始まった修験道においては、身を清める水垢離(みずごり)の地として、さらには滝に打たれる行場としても注目されました。
またそのパワフルなイメージから、不動明王が安置されたりしました。

釈迦が菩提樹の樹の下で悟りを開いたように、滝壺は天然のマイナスイオン発生装置になっているので、瞑想したりするのには最適な環境だったとも推測できます。
仙人が滝近くの岩で瞑想するような絵が描かれるのもそのため(ただし、マイナスイオンの効果に関して、科学的には否定的な見解もあります)。

中世には修験者が山奥に分け入って、新しい滝を発見し、修験の地となった滝は、華厳、那智、阿弥陀などの名称で有名になったのです。
江戸時代には物見遊山的な滝見物も行なわれ、葛飾北斎は有名な『富嶽三十六景』が発表された後の天保4年(1833年)頃に『諸国滝廻り』を出版しています。
描かれた8枚には実は日本三名瀑は含まれず、東海道、日光街道、中山道・木曽路などの街道沿線の滝が多いのが特長です。
日光では華厳の滝を描かずに、霧降の滝を入れているので、江戸時代に「日本三名瀑」という言葉が浸透していたとは思えません。
ちなみに歌川広重の全国の各国から代表的な1ヶ所をピックアップした『六十余州名所図会』では日光・裏見の滝を描いて、やはり華厳の滝ではありません。

華厳の滝

華厳の滝
栃木県日光市
落差97m、幅7m/直瀑
奈良時代に日光山開山の勝道上人が発見したという名瀑。
ところが、華厳の滝が観光的に眺められるようになったのは、明治33年のこと。
それまでは、「滝見物は容易ではなく、はるか手前の断崖に突き出た岩上まで、危険な岩場を這い下り木にしがみついて眺めていた」(『郷愁の日光』)という状況だったのです。
星野五郎平が滝壺近くに茶屋を開いたのが観瀑台のルーツで、明治時代後期にようやく観光的に有名になったと考えられます。
というわけで、日本三名瀑という言葉も、明治後期から大正時代に大町桂月(おおまちけいげつ)など紀行家が活躍するようになってから生まれた言葉と推測できます。

華厳の滝

2017.06.22

那智の滝

那智滝
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町
落差133m、幅13m/直瀑
一段の滝としては日本一の落差を誇る名瀑。
「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録される那智の滝。
もともと修験道に源を発する熊野信仰の対象で、那智四十八滝のひとつ。
現在も飛瀧神社のご神体で、滝に対する自然信仰が残されています。
修験道の聖域で、西国三十三所巡礼を始めた花山法皇も二の滝の断崖上に庵を設けて、千日滝篭行をしたと伝えられていますが、明治の神仏分離令・修験道廃止令によって廃れています。

那智の滝

2017.06.22

袋田の滝

袋田の滝

茨城県久慈郡大子町
落差120m、幅73m/4段
冬の氷爆で名高いのが袋田の滝。
浸食に耐え残った約1500万年前の火山噴出物の末端の断崖という特異な滝。
「四度の滝」という名は、西行が「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したという伝承も。
「花もみぢ経緯(よこたて)にして山姫の 錦織出す袋田の瀧」(西行)
「いつの世もつつみこめけむ袋田の 布引出すしら糸の瀧」(徳川光圀)
「もみぢ葉を風にまかせて山姫の しみつをくくるふくろ田の瀧」(徳川斉昭)
「御空より巌を傳ひて飛落ちてすべりて散りて四度の大瀧」(大町桂月)

明治の文豪・大町桂月は、明治41年1月と大正9年6月と2度にわたり袋田の滝を訪れ、「瀧のあらゆる様を尽して居る」(『水戸の山水4 四度の瀧』)と絶賛しています。

袋田の滝

2017.06.27

その他の日本三名瀑候補

養老の滝

岐阜県養老郡養老町
落差32m、幅4m/直瀑
昭和2年に大阪毎日新聞社、東京日日新聞社主催、鉄道省後援で日本新八景が選定の際にあわせて選ばれた『日本二十五勝』の瀑布部門の三滝は、華厳の滝、袋田の滝、そして養老の滝です。
歌川広重『六十余州名所図会』、葛飾北斎『諸国滝廻り』でもこの養老の滝が描かれています。

養老の滝

2017.09.01

秋保大滝

宮城県仙台市
落差55m、幅6m/直瀑
東北代表の秋保大滝。
平安初期から、都から遠く離れた秋保大滝が修験の地として崇められていたことは、秋保大滝不動尊(西光寺)や円仁伝承からも推測できます。

秋保大滝

2017.07.04

安倍の大滝

静岡市葵区
落差80m、幅16m
駿河随一の巨瀑ですが、安倍川源流(安倍奥)にあるため、訪れる人も少ない秘境の滝。
ただし、近くの梅ヶ島温泉は戦国時代は武田信玄の隠し湯として機能し、徳川家康、徳川秀忠の湯治の記録もあるため、滝の存在も今より有名だった可能性があります。
明治に至っても清水次郎長、乃木希典が保養しており、その頃、三名瀑とされた可能性はあります。

安倍の大滝

2018.07.03

白水の滝

岐阜県大野郡白川村
落差72m、幅8m/直瀑
日本三霊山(日本三名山)、霊峰白山の登山道・平瀬道の途中の落ちています。
つまり、白山信仰とともに見出された滝です。
瀑水が硫黄分を含んでいて乳白色になることが滝の名の由来です。

白水の滝

2018.07.20
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ