養老の滝

親孝行な樵(きこり)・源丞内(げんじょうない)が山中で見つけた山吹色の水が、実は老父の大好きな酒で、これを飲んだ老父はすっかり若返ったという『古今著聞集』収録の孝行伝説の地、養老。そのシンボルが 落差32m、幅4mの名瀑、養老の滝で「日本の滝百選」にも選定されています。

孝行息子の伝説が伝わる滝

養老‐伊勢湾断層の走る養老山地の北部から流れ出る滝谷に懸かる滝。
養老公園の駐車場(第1・第2・第3)から渓流沿いの散策路を800mほど歩く手と、滝近くの養老の滝駐車場(民営)に車を入れ、滝直下のみゆき橋から渓谷に入るプランがあります。

桜の花見時期や紅葉シーズンには養老公園に臨時駐車場も用意されます。

養老の滝は、広大な養老公園の最奥にあり、養老神社境内に湧く菊水泉(きくすいせん)はカルシウム・マグネシウム・カリウムなどのミネラル成分を豊富に含み、環境省の「名水百選」に選定。

養老公園駐車場近くには「養老天命反転地」、「こどもの国」などもあります。

毎年10月〜11月には『養老公園もみじまつり』が開催され、紅葉ライトアップも実施。
紅葉の見頃は、例年11月下旬~12月上旬頃。

広重&北斎の描いた 養老の滝

歌川広重『六十余州名所図会』美濃 養老瀧

葛飾北斎『諸国滝廻り』美濃ノ国養老の滝

元正天皇は、養老の泉を見て、「養老」に改元
『続日本記』によれば、717(霊亀3)年、女帝・元正天皇(げんしょうてんのう)が美濃に行幸した際に多度山麓の美泉を見て、自ら手や顔を洗ったところ、肌が滑らかになりました。

天皇は、これを飲んだり浴びたりする者のなかには、白髪が黒くなったり、禿げ頭に毛が生えたり、見えない眼が見えるようになった人がいることを知り、美泉は大瑞(最大のめでたいしるし)であると、元号を「養老」と改めました。

また、当時、宮中では水に菊を浮かべることが流行していたことから養老神社境内の湧水を菊水泉と名付けたと伝えられています。

養老の滝 DATA

名称 養老の滝/ようろうのたき
所在地 岐阜県養老郡養老町養老公園
関連HP 養老公園
電車・バスで 近鉄養老線養老駅から徒歩40分
ドライブで 名神高速道路大垣ICから約12km(30分)で養老公園駐車場
駐車場 養老の滝駐車場(80台/有料)/養老公園駐車場(有料)も利用可能
問い合わせ 養老町観光協会TEL:0584-32-1108
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ