養老駅

養老駅

岐阜県養老郡養老町にある養老鉄道養老線の駅が、養老駅。大正2年7月31日、養老鉄道の養老駅〜池野駅間開通に伴って開業した駅で、現存する駅舎は大正8年4月27日の桑名駅延伸直後に完成したもので、「中部の駅百選」にも選定されています(養老鉄道では唯一の選定)。

創業時の養老鉄道の本社が置かれた駅

養老鉄道は、大師電気鉄道(現・京浜急行電鉄)を創立した立川勇次郎(たちかわゆうじろう)が、大垣市などの要請を受けて設立した鉄道。
立川勇次郎による開業後、揖斐川電気(大正11年/合併により)、養老電気鉄道(昭和3年/譲渡により)、伊勢電気鉄道(昭和4年/合併により)、養老電鉄(昭和11年/譲渡により)、参宮急行電鉄(昭和15年/合併により)、関西急行鉄道(昭和16年/合併により)、近畿日本鉄道(昭和19年/合併により)、養老鉄道(平成19年/経営分離)と目まぐるしく名前を変えています。
幾多の変遷を経て、名前だけは養老鉄道と創業時に戻っていますが、直接的な関係はなく、近鉄グループの一社です。

養老鉄道は、養老線の1線のみで、桑名駅〜大垣駅(スイッチバック)〜揖斐駅と、揖斐川沿いに三重県(伊勢)から岐阜県(美濃)へと養老山脈の麓を北上しています。
かつては舟運で結ばれていた場所で(松尾芭蕉も『奥の細道』終点の大垣から、舟で桑名に出ています)、舟運に代わって鉄道が敷設されたのです。

養老鉄道の列車の一部は、電車内に自転車を無料でもちこむことができるサイクルトレインとして運行するほか、養老駅にもレンタサイクルを用意。

現存する駅舎は、立川勇次郎時代の養老鉄道の本社機能も有していたため、養老の「Y」が刻まれた瓦も使われています。

養老駅から養老の滝まで歩けば、徒歩50分ほどかかります(養老天命反転地までなら徒歩15分ほど)。
養老の滝が目的の場合は、養老駅からタクシーを利用するのが便利です。

養老駅
名称 養老駅/ようろうえき
所在地 岐阜県養老郡養老町鷲巣
関連HP 養老鉄道公式ホームページ
問い合わせ 養老鉄道 TEL:0584-78-3400
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

養老の滝

親孝行な樵(きこり)・源丞内(げんじょうない)が山中で見つけた山吹色の水が、実は老父の大好きな酒で、これを飲んだ老父はすっかり若返ったという『古今著聞集』収録の孝行伝説の地、養老。そのシンボルが 落差32m、幅4mの名瀑、養老の滝で「日本の

養老天命反転地

養老天命反転地

岐阜県養老郡養老町、養老の滝で知られる養老公園の中にある不思議な体験型の庭園が養老天命反転地。名古屋出身の現代美術家・荒川修作(あらかわしゅうさく)と、パートナーで詩人のマドリン・ギンズ(Madeline Gins)のプロジェクトが実現した

揖斐駅

揖斐駅

岐阜県揖斐郡揖斐川町にある養老鉄道(近鉄グループ)養老線の駅が、揖斐駅(いびえき)。立川勇次郎(たちかわゆうじろう=京浜急行電鉄の創業者)が大垣市の依頼を受けて養老鉄道を設立し、大正8年4月27日、池野駅〜揖斐駅が開通し、揖斐駅を開業。養老

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ