旧金毘羅大芝居・金丸座

旧金比羅大芝居・金丸座

香川県仲多度郡琴平町、金比羅宮の参道にほど近い場所に建つ旧金毘羅大芝居・金丸座(きゅうこんぴらおおしばい・かなまるざ)。天保6年(1835年)に建てられた2階建て、本瓦葺きの本格的な芝居小屋。現存する日本最古の芝居小屋(歌舞伎劇場)として国の重要文化財に指定されています。

金毘羅参りとともに繁栄した芝居小屋

旧金比羅大芝居・金丸座

江戸時代の金毘羅参拝は、象頭山に鎮座する山岳信仰と修験道が融合した神仏習合の神・金毘羅大権現(こんぴらだいごんげん)を参拝するもの。

当時は、象頭山松尾寺金光院(現・金刀比羅宮)を目指して瀬戸内海を渡る参詣で、伊勢参り、善光寺参り同様に生涯唯一ともいえる大旅行だったのです。
伊勢参り同様に、参拝後の歌舞伎見物も楽しみのひとつで、有名な歌舞伎役者の興行も行なわれていました。

江戸、大坂、京の大都市にある劇場に匹敵するものとして当時「金毘羅大芝居」が興行され、東西の千両役者がこぞって檜舞台を踏んだのです。

年に3回(3月・6月・10月)催される松尾寺金光院の『会式』(えしき)に合わせて仮小屋を建てて興行が行なわれていましたが、天保の改革(奢侈禁止を徹底)が始まる直前、天保6年(1835年)、高松藩寺社方より常設の芝居小屋建設の許可が下り、当時の大坂・道頓堀の大西芝居(後の浪花座)の規模、様式、構造を模して、富籤(とみくじ)の開札場を兼ねた常設の芝居小屋が建てられました。

こけら落としは天正6年10月9日(1578年11月8日)で、金毘羅大芝居を上演。

江戸時代に建てられた歌舞伎劇場が現存!

旧金比羅大芝居・金丸座

明治維新の神仏分離、廃仏毀釈で松尾寺金光院は、事比羅宮(明治22年以降は金刀比羅宮)に変わり、象頭山は琴平山に、金毘羅村も琴平村(現・琴平町)に改められるという神道化政策で、門前町や芝居小屋も大打撃を受けます。

近代以降、富くじの利益がなくなったことで、芝居小屋の維持が困難となり、小屋の所有者が変わるたびに「金毘羅大芝居」から、明治初めに「稲荷座」、さらに明治30年「千歳座」、明治33年に金丸忠七が4500円で購入して「金丸座」と改名され(その後も転売されますが館名は「金丸座」を維持)、活動写真の登場で芝居小屋から映画館へと変わり、ついに昭和40年、廃館に。

もともとは琴平町歴史民俗資料館の建つ場所にありましたが、昭和47年から4年の歳月を費やして、昭和51年3月、現在地に移築復元。
観客席上方の大梁にあった「ブドウ棚」、「かけすじ」も復原されています。

回り舞台、奈落(ならく=舞台床下の空間部分)、楽屋、枡席、桟敷席なども往時のままに残されています。
金丸座では、奈落(地下構造物)も見学することができ、急な階段を下った先で回り舞台やせりの裏側をのぞくことが可能。
春には『四国こんぴら歌舞伎大芝居』も上演され、人気です。

松坂慶子がヒロイン役で登場の映画『男はつらいよ 寅次郎の縁談』(平成5年)、真田広之主演の映画『写楽』(平成6年)のロケ地にもなっています。

旧金毘羅大芝居・金丸座
名称 旧金毘羅大芝居・金丸座/きゅうこんぴらおおしばい・かなまるざ
所在地 香川県仲多度郡琴平町乙1241
関連HP こんぴら歌舞伎公式ホームページ
電車・バスで JR琴平駅から徒歩15分
ドライブで 高松自動車道善通寺ICから約9km
駐車場 琴平町営駅前駐車場(有料)を利用
問い合わせ 旧金毘羅大芝居・金丸座 TEL:0877-73-3846
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

金刀比羅宮

「こんぴらさん」として親しまれる金刀比羅宮(ことひらぐう)。琴平山(象頭山/ぞうずさん)の中腹に位置し、参道の長い石段は本宮まで785段、奥社まで計1368段を数えます。明治初年まで金毘羅大権現として神仏混淆でしたが、現在では金刀比羅宮とな

金毘羅船々♫

金毘羅船々(こんぴらふねふね) 追風(おいて)に帆かけて シュラシュシュシュ♪ まわれば 四国は讃州(さんしゅう)那珂の郡(なかのごおり) 象頭山(ぞうずさん)金毘羅大権現(こんぴら だいごんげん) 一度まわれば♫ この歌を知っていても口ず

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ