千畳敷高原

千畳敷高原

山口県長門市、向津具半島(むかつくはんとう)の根本にある最高点で標高329.8mの高原が、千畳敷高原。標高はさほどではありませんが北の海側は断崖で、正面に青海島を俯瞰するため、高度感あふれる絶景の高原。風力発電の風車が回り、草原は千畳敷高原キャンプ場になっています。

青海島を眼前に眺望する美しい草原

千畳敷が高原状の特異な台地なのは、海上アルプスと呼ばれる青海島と同様に玄武岩でできているから。
回る風車は、中国電力の日置風力発電所(へきふうりょくはつでんしょ)で、最大のものは直径70m、2000kW級の風車となっています。

草原を利用した千畳敷高原キャンプ場は予約なしで利用可能で、日本海に浮かぶ漁り火、日の出などを眺望。

周辺には外国人旅行者からも注目される元乃隅神社(もとのすみじんじゃ)、龍宮の潮吹、「日本の棚田百選」選定の東後畑棚田(ひがしうしろばたたなだ)

千畳敷高原
千畳敷高原
名称 千畳敷高原/せんじょうじきこうげん
所在地 山口県長門市日置中
関連HP 長門市公式ホームページ
電車・バスで JR長門古市駅からタクシーで10分
ドライブで 中国自動車道美祢ICから約40km
駐車場 200台/無料
問い合わせ 千畳敷高原キャンプ場 TEL:0837-37-4211
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
元乃隅神社

元乃隅神社

山口県長門市、津黄漁港近く、龍宮の潮吹と呼ばれる玄武岩の海蝕地形の岬に建つ神社が元乃隅神社(旧称・元乃隅稲成神社)。昭和30年、地元の網元・岡村斉(おかむらひとし)氏が白狐の夢告で創建した神社で、断崖上の社に続く朱色の鳥居の「絶景の神社」と

龍宮の潮吹

龍宮の潮吹

山口県長門市、津黄漁港近く、玄武岩の海蝕地形の岬にあるのが龍宮の潮吹。龍宮とは、津黄漁港西北の第4紀洪積世の玄武岩からなる海蝕地形の宇津賀半島の総称で、そのシンボル的な存在が龍宮の潮吹。国の天然記念物に指定されています。近くには絶景で知られ

東後畑棚田

東後畑棚田

山口県長門市油谷、向津具半島(むかつくはんとう)の付根にある海を眺望する絶景の棚田が、東後畑棚田(ひがしうしろばたたなだ)。「日本の棚田百選」にも選定される棚田で、訪問者の駐車場も備わっています。カメラマンにも人気の棚田で、狙いは夕景と漁火

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ