高松城・艮櫓

藩政時代には20の櫓があり、海上から見るとまさに浮城のように見えたという高松城(玉藻公園)。艮櫓(うしとらやぐら=丑寅櫓)は高松城東の丸にあった隅櫓(すみやぐら)で、北東(丑寅の方角)という高松城の鬼門を鎮護していた櫓です。

高松城東の丸にあった隅櫓は桜の馬場に移築

東の丸は現在の香川県県民ホール(レクザムホール)や香川県立ミュージアム周辺。
1671(寛文11)年頃の改修で北側の海が埋め立てられ、新たなる脅威に備えて1677(延宝5)年に櫓が築かれました。
現存する月見櫓とほぼ同時期の築造です。

艮櫓は、昭和40年に桜の馬場の太鼓櫓跡に移築され、国の重要文化財に指定されています。

3層3階入母屋造り本瓦葺きで、初層に千鳥破風が施されているので少し優美な雰囲気に。
それでいて、石落しを取付けているため、移築の際に建物を右に90度回転させて設置したため、往時とはその向きが異なっている点にご注意を。
袴腰型の石落としが東南、東北、南西の堀側に張り出しています。

月見櫓のような隠狭間はありませんが、各階の四方に銃眼が開かれています。

高松城・艮櫓 DATA

名称 高松城・艮櫓/たかまつじょう・うしとらやぐら
所在地 香川県高松市玉藻町2-1
公式HP http://www.takamatsujyo.com/
電車・バスで JR高松駅から徒歩3分
ドライブで 高松自動車道高松中央ICから北へ1.3km、県道10号を左折、室町交差点を右折、国道30号を高松築港方面へ2.4km
駐車場 玉藻公園駐車場(57台)/無料
問い合わせ 玉藻公園管理事務所TEL:087-851-1521/FAX:087-823-6390

高松城跡内濠遊覧 和船「玉藻丸」

2017.06.30

玉藻公園(高松城跡)

2017.06.30

高松城・鞘橋

2017.06.30

高松城本丸

2017.06.30

高松城三の丸

2017.06.30

高松城二の丸

2017.06.30

玉藻公園・内苑御庭

2017.06.30

玉藻公園・披雲閣

2017.06.30

高松城・水手御門

2017.06.30

高松城・月見櫓

2017.06.30

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ