玉藻公園・披雲閣

披雲閣はかつての高松城三の丸にあたる場所に建ち、藩政時代には藩主の住居となっていた三の丸御殿の名称。明治維新後、往時の披雲閣は老朽化を理由に取り壊されましたが、高松松平家の12代当主・松平賴寿伯爵(高松藩最後の藩主・松平頼聡の嫡男)が大正6年に再建しています。

大正時代に建てられた華族の別邸、香川の迎賓館

ソテツの間

伯爵の別邸として、3年の歳月と15万余円の巨費を投じて大正6年に完成しました。
華族となっていた藩主家の高松における住居で、皇族の宿泊にも使われています。

50坪あるソテツの間は、松平家所蔵の美術、工芸品、歴史資料などを陳列していた部屋。
ちなみに各部屋はそれぞれ専用の庭を保有し、ソテツが茂る庭を眺めるのが、ソテツの間の名の由来です。
中庭の藤棚を愛でるのが女中部屋に使われた「藤の間」、昭和天皇・皇后が宿泊された「波の間」は、瀬戸内海を眺めるのが名の由来です。

玉藻公園・披雲閣 DATA

名称 玉藻公園・披雲閣/たまもこうえん・ひうんかく
所在地 香川県高松市玉藻町2-1
公式HP http://www.takamatsujyo.com/
電車・バスで JR高松駅から徒歩3分
ドライブで 高松自動車道高松中央ICから北へ1.3km、県道10号を左折、室町交差点を右折、国道30号を高松築港方面へ2.4km
駐車場 玉藻公園駐車場(57台)/無料
問い合わせ 玉藻公園管理事務所TEL:087-851-1521/FAX:087-823-6390

高松城跡内濠遊覧 和船「玉藻丸」

2017年6月30日

玉藻公園(高松城跡)

2017年6月30日

高松城・鞘橋

2017年6月30日

高松城本丸

2017年6月30日

高松城三の丸

2017年6月30日

高松城二の丸

2017年6月30日

玉藻公園・内苑御庭

2017年6月30日

高松城・水手御門

2017年6月30日

高松城・月見櫓

2017年6月30日

高松城・艮櫓

2017年6月30日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ