はにわロード

はにわロード

島根県松江市、古代の出雲国の中心地、意宇平野(おうへいや)に鎮座する八重垣神社と神魂神社(かもすじんじゃ)を結ぶ1.6kmの遊歩道が、はにわロード。松江市が「ウォーキング・トレイル事業」で整備した道で、沿道には馬や鹿をかたどった埴輪(はにわ)が飾られています。

八重垣神社と神魂神社を結ぶ散策路

『出雲風土記』にも登場する古社、八重垣神社を起点に、荒神谷・後谷古墳群、大石横穴群、出雲国造館跡推定地(いずもこくそうかんあとすいていち=8世紀の出雲国造出雲臣居館跡)を経て神魂神社を結んでいます。
途中には、高床式の建物をモチーフにした休憩所も3ヶ所設置され、のんびりと散策が可能。
駐車場は八重垣神社、神魂神社などが利用できます。

名称 はにわロード/はにわろーど
所在地 島根県松江市佐草町~大庭町
関連HP 松江観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR松江駅から一畑バス八重垣ループ15分、八重垣神社下車
ドライブで 山陰自動車道松江玉造ICから約3.8km
問い合わせ 松江観光協会 TEL:0852-27-5843/FAX:0852-26-6869
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
八重垣神社

八重垣神社

日本神話で、素戔嗚尊(すさのうのみこと)が詠んだとされる日本最古の歌「八雲立つ出雲八重垣妻ごみに八重垣つくるその八重垣を」の古歌で名高い神社が、島根県松江市の八重垣神社。八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した素戔嗚尊と稲田姫命(くしなだひめの

神魂神社

神魂神社

島根県松江市大庭町にある神魂神社(かもすじんじゃ)は、出雲国造り家の祖を祀る古社で、神社自体が古代出雲文化を今に伝える文化遺産。「大庭の大宮さん」と地元では呼ばれています。祭神は伊弉冉尊(いざなみのみこと)、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)で、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ