醍醐寺三宝院・庭園

醍醐寺三宝院・庭園

世界文化遺産「古都京都の文化遺産」の構成資産のひとつが醍醐寺。歴代座主が居住する本坊的な機能を有しているのが三宝院です。庭園は、豊臣秀吉が基本設計をしたと伝えられる名園で、国の特別史跡・特別名勝に指定されています。表書院から、「藤戸石」を中心にして鑑賞を。

「天下の名石」といわれる藤戸石に伝わる不思議な物語

醍醐寺三宝院・庭園

寝殿造りの様式を伝える桃山時代を代表する建築物・表書院(国宝)から眺めるかたちで、目の前に鶴島、亀島を配した池泉式の庭園です。
豊臣秀吉は、慶長3年3月15日(1598年4月20日)に「醍醐の花見」を催すにあたり、慶長3年1月〜3月に秀吉はたびたび第80代座主・義演准后(ぎえんじゅごう)の金剛輪院を訪れています。
義演准后は、秀吉の援助で、醍醐寺を再興していますが、その時に自らの坊である金剛輪院も改修し、三宝院としています。
秀吉は、金剛輪院を訪ねた際に、池の形、中島の場所、配する石などの縄張りを決めたと伝えられています。
そして配下の3人を奉行に命じ、仙、与四郎、賢庭(けんてい=後陽成天皇から「賢庭ト云天下一ノ上手也」という勅を賜った庭師)らの庭師(義演准后の日記による)を使って、江戸時代になっても続けられ、元和10年(1624年)になってようやく完成を見ています。

眺めの中心は、庭園のほぼ中央に据えられた「藤戸石」と呼ばれる長方形の石。
この石も秀吉の居館・聚楽第(じゅらくだい)から運ばせたもの。
実は、この石、織田信長の築いた二条第(にじょうだい=二条城の前身)に据えてあったものなんだとか。
「藤戸石」と呼ばれるのは、もともとは、備前国藤戸(現・岡山県倉敷市藤戸)にあり、源平合戦のさなか、佐々木盛綱が浅瀬の場所を地元の漁夫から聞き出した後、秘密保持のために漁夫を惨殺したという、謡曲『藤戸』で知られる石だから。
漁夫の惨殺場所にあった「藤戸石」は、戦国時代に京の細川管領邸に置かれて、「天下の名石」に。
その石を信長が二条第、秀吉が聚楽第を経て、この三宝院に配したのです。

庭園には茶室も築かれていますが、これは義演准后死後、江戸時代の茶の湯の流行を背景に築かれたもの。
 

醍醐寺三宝院・庭園 DATA

名称 醍醐寺三宝院・庭園/だいごじさんぼういん・ていえん
所在地 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
関連HP 醍醐寺公式ホームページ
電車・バスで 地下鉄東西線醍醐駅から徒歩10分
ドライブで 名神高速道路京都東ICから約4.9km
駐車場 醍醐寺駐車場(100台/有料)
問い合わせ TEL:075-571-0002
FAX:075-571-0101
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
醍醐寺三宝院・唐門

醍醐寺三宝院・唐門

2018年12月22日
醍醐寺・金堂

醍醐寺・金堂

2018年12月22日
醍醐寺・五重塔

醍醐寺・五重塔

2018年12月22日
醍醐寺三宝院

醍醐寺三宝院

2018年3月11日
吉水神社庭園

吉水神社庭園

2018年2月15日
醍醐寺

醍醐寺

2017年12月30日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ