国指定重要文化財 和田家

国指定重要文化財 和田家

岐阜県大野郡白川村荻町、茅葺きの古い合掌家屋が59棟が現存し、世界文化遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」に登録された白川郷で、公開された国指定の重要文化財が和田家。江戸中期~後期と推測される合掌造り家屋は、主屋が一重・3階、桁行12間(約22m)、梁間7間(約13m)で白川村では最大級の規模。

白川郷・荻町合掌集落で最大規模を誇る合掌造り

合掌造りの建物だけでなく、周辺の庭や生垣、田畑、水路を含め、昔のままに保存され、今も暮らしながら、1階と2階部分が公開されています。

戦国時代の天正元年(1573年)以来、代々、弥右衛門の名を継ぐ和田家。
江戸時代には庄屋を務め、荻町から越中(えっちゅう=現・富山県)の間の関所、牛首口留番所の役人を兼ね、さらに荻町村の特産・焔硝(えんしょう=黒色火薬の原料となる硝石、硝酸カリウム)の取引によって財を成しました。
市町村制が敷かれた明治21年には、当主が初代白川村長に就任した名家で、今も和田家が合掌造りの民家を大切に維持しています。

茅葺屋根の維持のため、囲炉裏の火は年中欠かさず入れられ、囲炉裏周辺は絶好の撮影ポイント。
囲炉裏から立ち昇る煙は、茅や木材をコーティングして防菌、防虫に優れた効果を発揮したのです。
つまりは、囲炉裏の火を絶やさないことで、日常的な燻煙(くんえん)作業を行なうことになるのです。

和田家と焔硝の生産

元禄年間(1688年~1703年)から和田家では焔硝の製造が行なわれていたことがわかっており、天保14年(1843年)、荻町村和田弥右衛門焔硝製造の免許申請に対し高山役所から免許鑑札が下付されるという記録が残されています。

当時の火薬は黒色火薬で、焔硝(硝石)に硫黄と木炭を混ぜてつくられていました。
萩町村では牛肥と土に混ぜ、土中の硝化バクテリアの機能を使って硝石に変化させるもので、当時第一級の硝石を産した越中五箇山から伝わったもの。
雪深い白川郷では、屋内生産が可能な養蚕(ようさん)とともに焔硝製造は大切な基幹産業だったのです。

国指定重要文化財 和田家
名称 国指定重要文化財 和田家/くにしていじゅうようぶんかざい わだけ
所在地 岐阜県大野郡白川村荻町997
関連HP 白川郷観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR高山駅から濃飛バス(予約制)白川郷行きで2時間、せせらぎ公園下車、徒歩10分。JR高岡駅より加越能バス五箇山線で2時間30分、荻町合掌集落下車、徒歩5分
ドライブで 東海北陸自動車道白川郷ICから約4.5km。または、荘川ICから約34.5kmでせせらぎ公園駐車場
駐車場 せせらぎ公園駐車場(200台/有料)・みだしま公園臨時駐車場(120台/有料)・寺尾臨時駐車場(600台/有料)
問い合わせ 国指定重要文化財 和田家 TEL:05769-6-1058/FAX:05769-6-1058
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
白川郷・荻町合掌造り集落(白川村荻町伝統的建造物群保存地区)

白川郷・荻町合掌造り集落(白川村荻町伝統的建造物群保存地区)

岐阜県大野郡白川村荻町、庄川の河岸段丘上に位置する白川村荻町は、「合掌造り」と呼ばれる茅葺きの民家が多数現存し、集落一帯の45.6haが「白川村荻町伝統的建造物群保存地区」に指定されている。富山県の平村相倉地区、上平村菅沼地区とともに世界文

荻町城跡展望台

荻町城跡展望台

岐阜県大野郡白川村荻町、世界文化遺産に登録される白川郷の美しい合掌集落を一望できるのが荻町城跡展望台( おぎまちしろあとてんぼうだい)。内ヶ島家家老の居城・荻町城の城跡で、荻町合掌造り集落・和田家東側から歩いて20分ほどの高台にあ

明善寺郷土館

明善寺郷土館

岐阜県大野郡白川村荻町、世界文化遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」に登録される荻町合掌造り集落の北側に位置する真宗大谷派の寺、松原山明善寺。本堂、庫裏、鐘楼門の屋根が茅葺きという白川郷らしい寺で、庫裏(くり)は「明善寺郷土館」として一般公

合掌造り民芸館 神田家

合掌造り民芸館 神田家

岐阜県大野郡白川村荻町、白川郷で江戸時代には庄屋を務めた和田家の分家が神田家で、合掌造りの建物が合掌造り民芸館神田家として公開されています。江戸後期に石川県の宮大工が10年の歳月をかけて完成させた母屋の1階は囲炉裏、2~3階には民具展示、4

長瀬家

長瀬家

岐阜県大野郡白川村荻町、世界文化遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」に登録される、白川郷・荻町合掌造り集落にある明治23年築の5階建て(中2階含む)の合掌造りの家が長瀬家。和田家、神田家と並ぶ大きな合掌造り建築で、内部の見学が可能。明治23

旧遠山家民俗館

旧遠山家民俗館

岐阜県大野郡白川村御母衣(みほろ)にある国の重要文化財に指定される合掌造りの「旧遠山家」を再生した資料館が旧遠山家民俗館。白川村(白川郷)の合掌造りといえば世界遺産に登録される荻町合掌造り集落が有名ですが、旧遠山家は嘉永6年(1853年)に

野外博物館 合掌造り民家園

野外博物館 合掌造り民家園

岐阜県大野郡白川村荻町、白川郷、荻町合掌造り集落にある合掌造りを集めた博物館が野外博物館合掌造り民家園。昭和42年に岐阜、富山県境の秘境、白川村加須良(かずら)集落の集団離村に伴い、合掌造りの建物を荻町に移築し保存したもの。園内路も未舗装の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ