三保松原

三保松原

駿河湾に突き出すような半島に面した南北7kmの砂浜一帯に、美しい松林が連なる景勝地、三保松原。江戸時代、東海道を歩く人々が「あれが三保の松原か」と江尻宿あたり(東海道本線清水駅付近)から遠望したのが三保松原です。日本白砂青松百選にも選定され、世界遺産「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産のひとつにもなっています。

世界遺産に登録の富士を眺める景勝地

三保松原

三保松原から眺める駿河湾と富士山

三保松原

砂嘴の中は松林が続いています

砂浜のほぼ中央にあるのが、天女が衣を掛けたといわれる伝説が残る「羽衣の松」。
高さ12m、主幹の周囲は3.5mものクロマツで、樹齢はおよそ650年。
添え木に支えられながらも、この老クロマツは今も健在です。
毎年10月には「羽衣の松」の前で『三保羽衣薪能』が開催されています。

ここから眺める富士の雄姿も素晴らしく、大正4年に実業之日本社が選んだ「新日本三景」のひとつに数えられています。

東海道の街道筋からは当時は遮るものがなく、長く延びた砂嘴(さし)に続く松原を遠望できたのです。
江尻宿(現・静岡県静岡市清水区)の追分で東海道から分かれ、久能山に詣でる途中に三保松原に寄る旅人も多かったのは、白砂青松の美しい海岸線とともに、伝説の羽衣の松があったから。

映画『弥次喜多道中てれすこ』(中村勘三郎主演)、『次郎長三国志』(中井貴一主演)ロケ地にもなっています。

パワースポットとしても人気の御穂神社(みほじんじゃ)、常世神の通り道である「神の道」、そして世界遺産のビジターセンター的な役割を担った三保ガイダンス施設「三保ナビ」があり、富士山と三保松原の深い関わりについて学ぶことができます。

三保松原

広重の浮世絵に見る 三保松原

三保松原

歌川広重『東海道五拾三次 江尻・三保遠望』

江尻は、まさに三保湾の入江の尻に位置する地。
江戸から東海道を41里の場所から眺めた、薩埵峠(さったとうげ)、富士山の図。
横たわる松林が三保松原です。

三保松原

歌川広重『冨士三十六景 駿河 三保之松原』

空撮かドローンを使って描いたかのような構図。
薩埵峠と富士山、そして愛鷹山(あしたかやま)が遠近法を使って描かれています。

三保松原 DATA

名称 三保松原/みほのまつばら
Miho-no-Matsubara
所在地 静岡県静岡市清水区三保
関連HP 静岡市公式ホームページ
電車・バスで JR清水駅からしずてつジャストライン東海大学三保水族館・三保車庫行きで25分、三保松原入口下車、徒歩10分
ドライブで 東名高速道路清水ICから約11km
駐車場 200台/無料
問い合わせ 静岡市経済局商工部観光・シティプロモーション課TEL:054-354-2422
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

神の道

2018.02.18

御穂神社

2018.02.18

羽衣の松

2018.02.18

「一富士 二鷹 三茄子」は家康ゆかりの駿河の名産!

2017.03.02

【マンホールで知る町自慢】No.019 静岡市(消火栓)

2016.02.25

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ