醍醐寺・五重塔

醍醐寺・五重塔

「古都京都の文化財」として世界文化遺産に登録される醍醐寺(だいごじ)。醍醐寺には、上醍醐、下醍醐の伽藍に、あわせて6棟の国宝、10棟の重要文化財の建物がありますが、下醍醐にある五重塔は父・醍醐天皇の冥福を祈るために第三皇子・代明親王が発願で着工し、村上天皇の天暦5年(951年)に完成したもの。「日本三名塔」にも数えられています。

初重内部の壁画も国宝に!

醍醐寺で唯一、創建当時の姿をとどめているのが五重塔。
京都府下でも最古の木造建築で、初重内部の両界曼荼羅(胎蔵曼荼羅、金剛界曼荼羅)と真言八祖(龍猛菩薩、龍智菩薩、金剛智三蔵、不空三蔵、善無畏三蔵、一行禅師、恵果阿闍梨、弘法大師/善無畏三蔵を欠いています)を描いた壁画は日本密教絵画の源流をなすものえ、やはり国宝です。

総高38m、うち相輪部が12.8mと3分の1を占めています。
その完成された美しさから「日本一の名塔」ともいわれています。

毎月29日10:30~・13:30〜、五重塔で、2回の法要(約1時間)が営まれています。
醍醐天皇の月命日にあわせ行なわれるもの。
開扉法要にあわせ、写経奉納も行なわれ、写経奉納すれば、五重塔内部を四方の扉の外側から拝観することが可能です(拝観料と写経奉納料が必要)。
当日、写経受付(清龍宮拝殿)で申込みを。

醍醐寺・五重塔 DATA

名称 醍醐寺・五重塔/だいごじ・ごじゅうのとう
所在地 京都府京都市伏見区醍醐東大路町22
関連HP 醍醐寺公式ホームページ
電車・バスで 地下鉄東西線醍醐駅から徒歩10分
ドライブで 名神高速道路京都東ICから約4.9km
駐車場 醍醐寺駐車場(100台/有料)
問い合わせ TEL:075-571-0002
FAX:075-571-0101
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

日本三名塔とは!?

2018.12.22

醍醐寺三宝院・唐門

2018.12.22

醍醐寺三宝院・庭園

2018.12.22

醍醐寺・金堂

2018.12.22

上醍醐 准胝堂(醍醐寺)

2018.06.18

醍醐寺三宝院

2018.03.11

醍醐寺

2017.12.30

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ