平賀源内旧邸

江戸時代の発明家として有名な平賀源内。本草学者、地質学者、蘭学者、医者、殖産事業家、戯作者、浄瑠璃作者、俳人、蘭画家として、多彩な才能を発揮した平賀源内は、讃岐国寒川郡志度浦(現・香川県さぬき市志度)の出身。平賀源内の実家「平賀源内旧邸」が現存、平賀源内記念館の別館として見学が可能です。

旧邸の背後には「源内先生ゆかりの薬草園」も

平賀源内は江戸に出る2年ほど前の1751(宝暦4)年、平賀家の家督を妹・里与の婿養子・権太夫(ごんだゆう)に譲り、独身で過ごしています。生家は権太夫の孫・松三郎が幕末の1862(文久2)年に建て替えているので平賀源内の生まれた家ではありません。

旧志度街道(源内通り)に面する町家は国の登録有形文化財に指定。
旧邸の背後には「源内先生ゆかりの薬草園」、東側には平賀源内銅像が立っています。

「源内先生ゆかりの薬草園」には『物類品隲』(宝暦13年刊/全6巻)に記載の薬木・薬草など100余種を植栽しています。
漢名・生薬名・薬用部・効用が記載されているので、薬草を身近に感じることが可能。

源内先生ゆかりの薬草園

平賀源内旧邸 DATA

名称 平賀源内旧邸/ひらがげんないきゅうてい
Hiraga Gennai’s former residence
所在地 香川県さぬき市志度46-1
関連HP 平賀源内記念館公式ホームページ
電車・バスで JR志度駅から徒歩6分
ドライブで 高松自動車道志度ICから約2.8km
駐車場 13台/無料
問い合わせ TEL:087-894-5513/FAX:087-894-5513
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

平賀源内電気実験の地

2017年12月28日

平賀源内記念館

2017年12月15日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ