馬籠峠

馬籠峠

岐阜県中津川市と長野県木曽郡南木曽町との境にある標高790mの峠が馬籠峠(まごめとうげ)。中山道(なかせんどう)の馬籠宿(まごめじゅく/中津川市)と妻籠宿(つまごしゅく/南木曽町)の間の峠ですが、もともとはともに信州(長野県)で、木曽路南部の難所とされた峠です。

かつての中山道の難所の一つ

馬籠峠

馬籠峠があまりに険しく、馬を引いては峠越えができなかったため、旅人が宿場に馬を預けて旅を続けたことから、馬籠宿(まごめじゅく)、馬籠峠の名が付いたと伝えられています。

現在、峠越えの旧道(中山道)はハイキングコースとして整備されるほか、岐阜県道・長野県道7号(中津川南木曽線)が峠を越えています。

馬籠峠の頂上からは、中央アルプスの最南端で美濃の最高峰、恵那山(2191m)を眺望。
峠には「白雲や青葉若葉の三十里」(『かけはしの記』より)の正岡子規の句碑も立っています。

馬籠宿から馬籠峠を経て妻籠宿に至る約8.5km、所要約2時間の旧中山道は、信濃路自然歩道として整備され、ハイキングにも絶好。
峠道は旧中山道と岐阜県道・長野県道7号(中津川南木曽線)が並走し、妻籠宿へと下る途中には男滝・女滝(雄滝・雌滝)もあります。
歌川広重・渓斎英泉の『木曽海道六拾九次之内 馬籠驛』には「峠ヨリ遠望之圖」として滝が描かれています(実際には峠と滝は離れています)。

中山道では上信国境の碓氷峠にも熊野神社が鎮座していますが、馬籠峠の馬籠宿寄りにも熊野神社(境内社に御嶽神社)があります。
また妻籠側に下った一石栃(いちこくとち)には木曽檜を主体とした木材・木工品の出荷を取締る白木改(しらきあらため)番所の跡もありますが、藩政時代には木曽は尾張藩の領有で木材(尾州檜)の出荷は厳しく制限されていた点にも注目を。

馬籠峠
名称 馬籠峠/まごめとうげ
所在地 岐阜県中津川市馬籠・長野県木曽郡南木曽町
電車・バスで JR南木曽駅からおんたけ交通バス馬籠行きで23分、馬籠峠下車
ドライブで 中央自動車道中津川ICから約15km
駐車場 5台/無料
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
馬籠宿

馬籠宿

岐阜県中津川市、中山道(なかせんどう)、木曽十一宿のなかで、もっとも南に位置する宿場が馬籠宿(まごめじゅく)。山間の坂道に沿って、南北1kmほどにわたり、街道時代さながらの家並みが続いています。文豪・島崎藤村の生まれ故郷として知られ、彼の晩

藤村記念館

藤村記念館

岐阜県中津川市馬籠にある文豪・島崎藤村の記念館が藤村記念館(とうそんきねんかん)。島崎藤村の生家は、馬籠宿(まごめじゅく)の本陣を務めた島崎家。藤村記念館では、『夜明け前』、『嵐』などの作品原稿、島崎藤村の遺愛品などを収蔵展示し、藤村文学と

清水屋資料館

清水屋資料館

岐阜県中津川市馬籠、街道時代に馬籠宿の代々宿役人(しゅくやくにん)を務めた清水屋原家の建物を資料館に再生したのが清水屋資料館。島崎藤村など、本陣の島崎家と親しかった清水屋原家に伝わるの古文書や陶器、島崎藤村直筆の書簡など、藤村関連の資料など

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ