マルキン醤油・天然醸造蔵ギャラリーステージ

マルキン醤油・天然醸造蔵ギャラリーステージ

香川県小豆郡小豆島町にある老舗の醤油醸造所がマルキン醤油。その博物館となるマルキン醤油記念館から徒歩3分の工場内にあるのが天然醸造蔵ギャラリーステージ。巨大な木桶で今も天然醸造で醬油を醸す蔵で、運が良ければ仕込み風景の見学も可能です。

昔ながらに巨大な杉樽で醤油が醸造!

杉桶310本を有する世界最大級のマルキン醤油4号天然醸造蔵をガラス越しに見学できるのがギャラリーステージ。
建物も小豆島島内の複数の醤油醸造所が結集して、良質の醤油生産を目ざしてマルキン醤油が誕生した明治40年の築。
白壁に柱間1間ごとに風通し窓が開けられています。

「マルキン醤油第四号発酵蔵」の名前で、マルキン記念館(旧醤油醸造工場)、マルキン醤油発酵蔵、マルキン醤油第五号発酵蔵とともに国の登録有形文化財に指定。

4号天然醸造蔵の内部には、全長94mほどに秋田杉を使用した30石(5400リットル)の木桶が4列に、合計153本が並んでいます。

天然醸造蔵の木桶や蔵に住み着いた酵母菌、天然の微生物の力で、1年ほどじっくり発酵熟成させるため(四季の温度変化を利用して熟成・発酵)、まろやかでコクのある味わいと芳醇な香りが漂う醤油が誕生(量産する醤油は、熟成・発酵を早めるため温度調節を管理するため、添加物が使われています)。
この木桶仕込み天然醸造醤油は、マルキン醤油記念館の物産館で販売されているほか、物産館の「しょうゆソフトクリーム」にも使われています。

天然醸造蔵ギャラリーステージは、9:00~17:00の間、無料開放。

マルキン醤油・天然醸造蔵ギャラリーステージ
名称 マルキン醤油・天然醸造蔵ギャラリーステージ/まるきんしょうゆ・てんねんじょうぞうぐらぎゃらりー
所在地 香川県小豆郡小豆島町苗羽甲2077
関連HP マルキン醤油公式ホームページ
電車・バスで 草壁港から小豆島バス坂手港行きで5分、丸金前下車、すぐ
ドライブで 草壁港から約3km
駐車場 20台/無料
問い合わせ マルキン醤油記念館 TEL:0879-82-0047/ FAX:0879-82-6875
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
マルキン醤油記念館

マルキン醤油記念館

香川県小豆郡小豆島町にある醤油のミュージアムがマルキン醤油記念館。明治40年に複数の醤油醸造所が結集して、良質の醤油生産を目ざして創業したマルキン醤油。大正初期から使用してきたもろみ蔵を記念館として改造し、醤油造りの道具や製造方法、小豆島の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ