神谷神社・本殿

神谷神社・本殿

香川県坂出市にある古社、神谷神社(かんだにじんじゃ)。五色台の一峰・白峰山の神谷に鎮座する社で、大正時代の本殿修理の際に、棟木(むなぎ)から建保7年(1219年)に本殿を再建したことが記された墨書銘が発見され、建築年が確定、国宝に指定されています。三間社流造りの本殿としては、現存最古のもの。

香川県に2件しかない国宝建造物のひとつ

かつて神々が集まって遊んだという神谷。
国宝の本殿は、石を積んだ基壇の上に、檜皮葺き(ひわだぶき)、流れ造り、桁行3間、梁行2間の社が建ち、庇を伸ばし向拝(ごはい)としています。

小さな社ですが三間社流造りの本殿としては、現存する日本最古のもの。

香川県内で国宝に指定される建築物は、四国八十八箇所霊場第70番札所の本山寺・本堂と2件です。

神谷神社・本殿
名称 神谷神社・本殿/かんだにじんじゃ・ほんでん
所在地 香川県坂出市神谷町621
関連HP 坂出市公式ホームページ
電車・バスで JR坂出駅からタクシーで15分
ドライブで 瀬戸中央自動車道坂出ICから約9km
駐車場 あり
問い合わせ 坂出市文化振興課 TEL:0877-44-5036/FAX:0877-46-7140
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
神谷神社

神谷神社

香川県坂出市、五色台の一峰・白峰山の麓に鎮座する平安時代編纂の『延喜式神名帳』にも記載される古社が、神谷神社(かんだにじんじゃ)。現存する三間社流れ造りの本殿は、建保7年(1219年)築で、建築年の明らかな神社建築としては日本最古のもの。も

本山寺・本堂

本山寺・本堂

香川県三豊市にある高野山真言宗の寺、本山寺(もとやまじ)。四国八十八箇所霊場第70番札所で、空海(弘法大師)が自刻と伝わる本尊の馬頭観音菩薩(秘仏)を安置する本堂は国宝。長宗我部元親の讃岐侵攻の戦禍からも逃れた正安2年(1300年)築、密敎

四国の国宝建築物

四国の国宝建築物 全6件

四国4県にある国宝建造物は、香川県2件、愛媛県3件、高知県1件の合計6件で、残念ながら徳島県にはありません。いずれも平安時代末〜鎌倉時代初期の寺社建築で、平安時代末期の阿弥陀信仰の隆盛、根強い薬師如来への信仰などを背景に、一流の大工棟梁によ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ