亀山八幡宮『夏越祭(関の提灯祭)』|下関市

亀山八幡宮・夏越祭

毎年7月29日~7月30日、山口県下関市の亀山八幡宮で『夏越祭(関の提灯祭)』が行なわれます。亀山八幡宮は、貞観元年(859年)、宇佐八幡宮から分霊を勧請して創建したという古社。『夏越祭(関の提灯祭)』は、夏を迎えるにあたって、半年間、知らず知らずに積もった罪と穢(けがれ)を祓う夏越の大祓です。

7月30日には神輿の海上渡御、花火大会も

亀山八幡宮・夏越祭

多くの神社では夏越の大祓は西暦に置き換えて6月30日に執り行なわれていますが、関門海峡鎮護の亀山八幡宮では、西暦に換算して7月の下旬に斎行しています。
昔からこの神事が行われるのは夕日の降(くだち)と定められ、今でも薄暮せまる頃から始められます。

境内に茅の輪が設置され、茅の輪くぐりで、罪と穢を祓うことができます。
『夏越祭』限定で、茅の輪守りも授与されます。
7月30日には神輿の海上渡御、花火大会も実施。

海上渡御は、神輿(みこし)を御座(ござ)船に奉安し、お供の船(=供船)とともに、海上安全を祈りながら関門海峡を一巡もの。
御座船には万灯の提灯がかかげられ、別名「関の提灯祭」とも呼ばれています。
花火大会では約2000発が打ち上げられます。

亀山八幡宮・夏越祭
亀山八幡宮『夏越祭(関の提灯祭)』|下関市
開催日時 毎年7月29日~7月30日
所在地 山口県下関市中之町1-1
場所 亀山八幡宮
関連HP 亀山八幡宮公式ホームページ
電車・バスで JR下関駅からサンデン交通バス新下関駅方面行きで7分、唐戸下車、徒歩3分
ドライブで 中国自動車道下関ICから約3km
駐車場 下関市赤間町駐車場(300台/有料)
問い合わせ 亀山八幡宮社務所 TEL:083-231-1323/FAX:083-232-5365
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
亀山八幡宮

亀山八幡宮

山口県下関市で「関の氏神さま」と尊崇される古社、亀山八幡宮。貞観元年(859年)創建と伝えられ、行基が宇佐八幡宮から京の石清水八幡宮に分霊を勧請する際に、この地に立ち寄り仮の社を造ったのが始まりとされています。当時は島だったこの地に行基が停

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ