結縁寺『銅造不動明王立像ご開帳』(千葉県印西市)

結縁寺『銅造不動明王立像ご開帳』

千葉県印西市にある結縁寺(けちえんじ)は、神亀年間(724年~729年)行基の開山によって創建されたと伝わる古刹。本尊の不動明王は国の重要文化財で、真言行者の守護神で、忿怒形(ふんぬぎょう=怒りの表情)で人々の煩悩を焼きつくし、導いてくれます。銅造不動明王立像は、毎年9月28日にご開帳されています。

毎年9月28日にご開帳される!

結縁寺『銅造不動明王立像御開帳』(千葉県印西市)

銅造不動明王立像は像高47㎝で、右手に宝剣、左手に羂索(けんさく=両端に金具を付けた捕縛縄)を持っています。
左の上牙で下唇を、右の下牙で上唇をかみしめ、眼はいわゆる天地眼とせず、両眼を見開いていて、力強く写実的です。

正面の裳(もすそ=腰から下の衣)には「嘉元元年癸(かげんがんねんみずのと)卯(う)九月十五日願主権律師瀧尊」の銘が刻まれ、鎌倉時代後期の嘉元元年(1303年)に造られたことがわかります。
頭頂部の頂蓮は失われており、目と牙の金泥、剣、羂索、光背、岩座は後に補われたもの。
 

結縁寺『銅造不動明王立像ご開帳』 DATA

結縁寺『銅造不動明王立像ご開帳』
開催日 9月28日
時間 13:00〜
所在地 千葉県印西市結縁寺51
場所 結縁寺
電車・バスで JR木下駅からちばレインボーバス船尾車庫行で船尾車庫下車、徒歩10分
問い合わせ 印西市生涯学習課 TEL:0476-42-5111
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ